2019年 10月

何年も前に・・・お義母さんが持ってたもんやってんけど・・・

目を通させてもらった瞬間・・・何か、ものごっつい感じるもんがあって・・・

「お義母さん! これ、ちょうだい!」って、懇願して頂いたもんやねん

 

それ以来・・・

ずっと、カバンの中に入れて持ち歩いてるし・・・

事ある毎に、この『書』に目を通しては・・・己自身を戒めて、見つめ直すようにしてる

 

 

余計なもんかとは思うけど・・・

俺自身は、ものごっつい素晴らしい『書』やと思うから・・・この場に記させてもらおうと思う

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先人はたくさんの名言、名句を残し後世の人々に言い伝え、現在の我々に希望と反省を与えてくれています。

三歳の子供が理解できても、八十歳になる老人がなかなか実行できないのがこの本に挙げられている容易で解りやすい言葉です。

この言葉は自分の心を豊かにし、人々の希望と安らぎを与えてくれます。

また、この言葉は観音様の慈悲の心を実践できるこの言葉でもあります。

ですから、この本をいつも携帯し子供達や友人に言い伝え、菩薩の行を実践し、また自分の生きる糧としていただいたならば幸いです。

山主 合掌

 

 

 

一、人の一生に厄年はない 躍進の「やく」と考えよ

二、今日一日を大切に感謝の気持ちで最善のつくそう

三、祖先は自分の中に生きている 祖先の徳に感謝をしよう

四、人生には真の失敗はない 前進する一過程である

五、安易な生活からは人生の貴重な体験は生まれない

六、楽なことを幸福と思っていては人生の深い喜びは味わえない

七、姿かたちを真似るよりその人柄の良さを学ぼう

八、人知らずとも良心これを知る

九、子供は両親の言う通り行動しないでする通り行動する

十、夫婦の円満は互のはたらきを感謝し合うことから生れる

十一、楽しい人生の中には必ず苦しい時代の経験が生きてくる

十二、言いわけはすればする程 自分をみじめにする

十三、友情とは二つの身体に宿る一つの魂である

十四、明日は何を為すべきかを知らない人は不幸である

十五、人を笑わすよりも自分が笑われぬようにせよ

十六、積善の家には必ず余慶あり

十七、行き詰りは環境のせいではない 自分の心の行き詰まりである

十八、失敗を恐れるな 成功は失敗のつみ重ねである

十九、わが子は深い愛情で育てられながら親を養うことは忘れがちである

二十、その人を知らんとすればその友を見よ

二十一、真の礼儀は人を尊ぶ心を形に現わすことである

二十二、金を貸せば友と金とを共に失う

二十三、食物に対して文句の多い人程 健康を害してる

二十四、最も幸福な人はいつも行動している人である

二十五、友情は喜びを二倍にし悲しみを半分にする

二十六、かけられている迷惑より かけている迷惑は気づかない

二十七、責任を負ってこそ自由がある 責任のない自由は許されない

二十八、相手だけ責めるから争になる 反省の余地はまだある

二十九、真心から出た言葉は相手の心をも動かせる

三十、人間は逆境にきたえられて自身と確信が生れる

三十一、一歩一歩の尊さ

三十二、人はあるものを粗末にし ないものを欲しがる

三十三、昨日より今日 今日より明日

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

We Can Do It!

Yey!

10月2日(水)・・・心を揺さぶられる出来事があった

 

ずっと以前に・・・

由美さん(琳ちゃんのママ)が、道場に連れてきてくれて・・・出会った、エッキさん

 

何のニーズが合ったんか?は分かれへんけど・・・

いっぺんだけじゃなく・・・何べんか、道場に遊びに来てくれた

 

当然のことやけど・・・

「出会い」があれば・・・「別れ」もあって・・・

時が過ぎ・・・エッキさんは、インドネシアに帰国された

インドネシアからの刺客(^^)

インドネシアからの「新たな」刺客(^^)

インドネシアからの刺客 ~「出会い」と「別れ」~

 

あれから・・・2年近くの月日が流れた

 

 

 

そのエッキさんが・・・先週末、仕事の関係で日本に来られてたみたいで・・・

来られた場所は、京都やったから・・・仙台までは、来られへんかったみたいやけど・・・

琳ちゃんと由美さんは、京都まで会いに行ってきたねんて(^^)

 

その時に、エッキさん・・・

わざわざ・・・俺(道場)に、絵のプレゼントを持ってきてっくれとったみたいやねん

 

その絵を・・・由美さんから、この前の練習日に受け取ったねんけど・・・

絵をいただいたことは、もちろん嬉しかったんやけど・・・

その時に・・・

由美さんが、エッキさんに電話を掛けてくれて・・・たまたま、エッキさんと話をすることができたねんな

 

エッキさんは・・・

「北岡先生は、忘れてるかもしれないですけど・・・先生は、私のことを『家族』って言ってくれました  (インドネシアに帰る時)「離れてても、『家族』だから・・・」・・・そう言ってくれたことを、私はずっと覚えてます!」

・・・・・そない、言うてくれとった

 

もちろん・・・俺も、覚えてる・・・

覚えてるって言うよりも・・・俺は、その時・・・

「いっしょに、柔道衣を着て・・・いっしょに、ここ(北岡道場)で汗を流した、あなたは・・・私たちの『ファミリー』です  ぜひ、また日本に来ることがあるのなら・・・ここに、帰ってきてください!」

心から、そない思って・・・彼に言うたんやから・・・

 

 

せやから・・・

そんな俺の言葉を・・・ずっと心に留めてくださってた、エッキさんに・・・激しく、心を揺さぶられた気がした

 

 

 

 

ここ最近・・・

30年前・・・20年前・・・10年前・・・って・・・

月日が流れていく毎に・・・人間関係が希薄になっていってしまってるように感じるのは、俺だけなんやろうか?

 

たとえば・・・

メール、ライン、SNSetc・・・

それらのツールを、十二分に活用することは、ものごっつい便利であって・・・たとえ遠くに離れとっても、ものごっつい近くに感じることができるから、ホンマに素晴らしいもんではあるんやけど・・・

 

俺ら、昭和の人間(汗)からしたら・・・

公衆電話で、10円玉をぎょうさん握りしめて・・・限られた時間内で、大切な「想い」を伝え合ったり・・・

便箋何枚かに、書ききられへんくらいの「想い」を綴って手紙を送ったり・・・

もちろん、それは・・・付き合ってた彼女(彼氏)如何に拘らず、親や先輩、上司の方に対してでも・・・

「見えへん」けど・・・「観る」ことができる・・・

そんな、「温かさ」や「ぬくもり」に包まれてたような感覚があったように思う

 

エッキさんと話した時・・・

俺自身・・・そんな、懐かしい感覚に包まれた気がした

 

 

 

『家族(ファミリー)』

 

『族』・・・

今の時代は、ものごっついクサい言葉なんかも知れへん

 

せやけど・・・

それでも・・・

それでも・・・あった方がいい言葉やと、俺は思う

 

あった方がいい言葉っちゅうだけではなくて・・・

あった方がいい『場所』やと、俺は思ってる

 

 

家「族」・・・マサイ「族」はじめ、〇〇「族」・・・暴走「族」・・・etc・・・

みんな・・・そこ(「族」)が、居心地のええ場所やと思えるような・・・

そんな『場所』が・・・人の「心」の中には、あった方がいいんやと俺は思う

 

せやから、俺は・・・

出会って、いっしょに大切な時間を過ごした以上・・・

出会ったからには、もう出会う前には戻られへんねんから・・・

ひとつの屋根の下(北岡道場)で過ごした連中(生徒も父兄も、エッキさんみたいに限られた時間を共に過ごした方々も)は・・・みんな『家族(ファミリー)』やと思って大切にしたい

そない・・・思ってる

 

 

ほんで・・・やがて、みんな成長して、道場を巣立っていった時・・・

その『場所』を、『故郷』やと思えるなら、さらにいいことやと俺は思う

 

 

『家族』『帰る場所』『故郷』っちゅうもんを・・・

「持ってる者」と「持ってへん者」とでは・・・大きな違いがあるんとちゃうんかな?って、俺は思うから・・・

 

「『故郷』に唾を吐く訳にはいかへん!」って、思うだけでも・・・背中に背負い込む、責任感は違ってくるやろうし・・・

「『家族』を裏切る訳にはいかへん!」って、思うだけでも・・・人生(みち)を踏み外して、「枠」の外には出えへんやろうしな

 

 

せやから、俺は・・・

そんな『場所』を、子供たちに与えてやりたい

 

北岡道場(このコミュニティー)は・・・

そんな『場所』でありたい

そんな『場所』であってもらいたい

そんな『場所』に、みんなが思えるよう・・・『家族』みんなで、築いてもらいたい

 

そない・・・思ってる

 

 

 

 

最後になってしもうたけど・・・

 

エッキさん!

私の心に、大切なものを届けてくださったこと、心より御礼申し上げます!

ありがとうございました!

どうか、健康には十分気を付けて・・・

大切な奥様と・・・大切なお子様たちと・・・

素晴らしい「人生」を歩んでいただけること、心より願っております!

 

余計なお世話ですが・・・

大切なファミリーに・・・俺の座右の銘を贈ります

そのためには・・・

『辛抱』と『努力』

・・・・・です!

もし、仙台に来ることがあるならば・・・

ぜひとも『故郷』に・・・『家族』に・・・会いにいらしてください!

 

 

You Can Do it!

We Can Do It!

Yey!

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析