もう一人の『お母ちゃん』

1月26日・・・(俺のガキの頃からの親友:隆勇)のお母ちゃんが逝った

 

昨年末・・・(隆勇の)親父っさんに、「今年は、大阪には帰られへんわ」って連絡をした時に・・・

お母ちゃんが、10月頃からずっと危ない状態やったってことを聞かされた

 

俺が、最後にお母ちゃんに会ったんは・・・一昨年の年末

その時は・・・元気やったねんけど(まぁ、数年前から、体に病魔は存在してたことはしてたんやけど)・・・

せやけど・・・その数か月後に、病気が進行してしもうたっちゅうことやった

 

 

 

俺は・・・いつの頃からやったか?(多分、接骨院を開院してからやったと記憶してるけど)・・・

大阪に帰省した時には・・・必ず、親父っさんとお母ちゃんの元を訪ねるようになった

 

隆勇は・・・結婚して、京都に家を構えたもんから・・・そこ(実家)には、おれへんかってんけど・・・

せやけど、俺は・・・

明美(女房)や悠葉、REN、SO、YAMATOを連れて・・・必ず、親父っさんとお母ちゃんに会いに行っとった

 

 

 

「いやぁ~! あんた、偉なったなぁ~、ホンマ!」

 

会うたびに・・・お母ちゃんが、俺に言うてくれる言葉やった

 

脱サラして・・・独立して・・・道場運営(教育機関)をして・・・子供(我が子)たちを真っ直ぐに育てて・・・っていうことに対して・・・

決して、偉くなんかなってへんのに・・・

 

せやけど・・・

子供の頃からの俺を知ってくれてる、親父っさんとお母ちゃんからしてみたら・・・そない感じてくれたんかも知れへん

 

 

ある時・・・親父っさんから、こない言われたことがある

「一番悪いことしてた奴が、一番真面目になって・・・ほんで、一番、俺らに会いに来てくれるのぉ~」って・・・

 

そう・・・

子供の頃から、やんちゃくれして・・・死んだような目ン玉をしてた時の俺のことも知ってくれてる、親父っさんとお母ちゃんからしてみたら・・・

普通に生活して・・・普通にパートナーを得て・・・普通に子育てをしてる・・・っちゅうだけでも、嬉しく感じてくれとったんかも知れへんわな?

 

 

 

ほんで・・・こうも、よう言うとった

 

「いやぁ~! あんた、隆勇によう似てるわ!」

 

「隆勇に似てる」って言われることも・・・

俺自身、隆勇のことを尊敬してるし・・・決して悪い気はせえへん、お母ちゃんの言葉やった

 

 

 

俺は・・・親父っさんやお母ちゃんから、特別に何かしてもらった訳ではあれへん

言うてみたら・・・俺は、あの人たちからしたら、単なる「隆勇の友達の中の一人」に過ぎへんかったと思う

 

せやけど・・・俺からしたら違う

 

 

俺は・・・あの人たちから、大切なことを学ばせてもらったって思ってるし・・・

大切な時間や場所を提供してもらったって、この上なく感謝をしてる

 

大袈裟ではなくて・・・

俺自身の人生に於いて、欠かすことのできへん大切な時間と場所、ほんで教えをもらったって、俺は思ってる

『親父』と『明美さん』

 

 

俺自身・・・

お母ちゃんに教わったことで、特に印象に残ってることが2つある

 

1つは・・・

親父っさんとお母ちゃんは、その昔、スナックを経営しとったねんけど・・・

そのスナックに来てるお客さんに対して、(お客さんの)奥さんから店に電話があるらしいねん

携帯電話なんか、あれへん時代や

当然、店に電話せんかったら、旦那には繋がれへんわな?

 

お母ちゃんが、言うとった

「そのお客さんの顔色を見てたら、電話の内容は察しが付く

要するに、「いつまで呑んでるんや? 早く帰ってこい!」的な内容なんやろうと思う

せやから、耕太郎!

如何なる場面であっても・・・奥さんに電話なんか掛けてこさしたり・・・(友人宅におじゃましてる時等)奥さんから、早く帰ろう的な言葉や態度を出さしたら、絶対にアカンで!

たった、それだけで・・・あんたの価値が、一気に下がるんやからな!

その反面・・・

何も言わへん奥さんがいるだけで・・・「この人は家庭の中で、奥さんをものすごい大事にしてる人なんやろなぁ~?」って思ってもらえて、あんたの価値は一気に上がるわ!」って・・・

 

 

実際に、俺は・・・

お母ちゃんに、その話を教わった数年後・・・

その言葉のまんまのような出来事に遭遇して・・・自分の置かれてる環境が一気に変わったっていう、狐につままれたような経験をしてる

 

 

 

 

ほんで、もう1つは・・・

親父っさんは、結構、友達を大事にする人やったらしいんやけど(隆勇も、そうやからな)・・・

親父っさんがお母ちゃんと結婚する時?に・・・「絶対に、俺の友達だけは絶対に大事にしてくれ!」って、お母ちゃんは親父っさんから頼まれたらしいねん

 

せやから、お母ちゃん・・・

親父っさんの友達が、家に来て夜中まで遊んでようが・・・親父っさんが、友達と呑み歩こうが・・・親父っさんの友達だけは、この上なく大事にしてきたって言うとったわ

 

 

余談やけど・・・

その昔(親父っさんが若い頃)・・・

親父っさんの友達が、風呂上りに親父っさんの家に遊び(呑み)に来るねんて

その時、その友達は自分の奥さんに・・・「ただお(親父っさんの名前)の家で飲んでくるわ」って言うて、パジャマ姿で家に来るみたいやねん(「外(如何わしい店)に呑みに行くわ」っていうたら、奥さんに怒られるからな(笑))

 

そこで・・・お母ちゃん

その友達に、着替え(親父っさんの服)を貸してやるねんて

ほんで、その友達と親父っさんは・・・外に呑みに出掛けるらしいねん

 

友達の奥さんからしてみたら・・・

親父っさんの家に、パジャマ姿で遊びに行くもんやから、安心しきってるねんけど・・・・・蓋を開けてみたら(^^)

 

 

俺が若い頃・・・

お母ちゃんから・・・そんな、いろんな笑い話(昔話)を・・・よう聞かしてもらったよ

 

 

 

特に、その2つのことは、メッチャ印象に残ってるねんけど・・・

印象に残ってるからこそ・・・

俺自身も、自分に当てはめて考えて・・・AKEMI(女房)と結婚する時に、それらのことを伝えた経緯がある

 

 

それを、伝えたからなんか?

それとも・・・

元々、彼女はそういう人やったんか?

俺は、彼女から・・・それらの件に関して、ストレスを受けたことはいっぺんもない

 

 

遡ってみたら・・・

俺らの結婚式当日(もう25年も前の話やけど)・・・

式が終わって・・・二次会に行って・・・そのまま仲間6~7人を、いっしょに家に連れて帰ってきて・・・

その日はみんな(AKEMIも含めて)で雑魚寝したっていう結婚初日から始まって・・・

その後も・・・

仲間たちが、自宅(横浜や仙台)に来て・・・やりたい放題、散らかしたい放題・・・泊ってる数日間、昼夜関係なく過ごしたり・・・

 

もちろん・・・

RENやSO、YAMATOの友達が家に来ても、やりたい放題

道場生が、大人数で数日間、家に泊まっとっても、やりたい放題

 

それでも、彼女は・・・

俺や子供たちの「友達」のことは・・・ものごっつい大事にしてくれる

 

 

また・・・

俺自身が・・・独りで単独行動をしようが・・・勝手気ままなことをしようが・・・

(俺は若い頃、放浪癖があったから・・・夜中に出掛けて、翌日の昼頃に、「今、四国」とか、「今、千葉の最南端」とか、電話を掛けて・・・そんな、ええ加減極まりない行動をしとった)

「早く帰ってきて!」なんか言われたことは、いっぺんもあれへんし・・・

今現在でも・・・

彼女から、俺に電話が掛かってくるなんてことは・・・まず、あれへん

 

せやからっちゅう訳やあれへんけど・・・

日曜日に、早く起きて・・・岩手や福島に単独で出動してるなんてことは、俺自身しょっちゅうある

 

 

話が逸れてしもうたな?(^_^;)

 

 

 

 

 

 

人間には「出会い」と「別れ」がある

「別れ」があるっちゅうことは・・・必然的に「出会い」があったっちゅうことや

 

『一期一会』

 

最近・・・その言葉が、俺の心の中で、大きく陣取ることが多くなってきた

 

もう30年近くも前に亡くなった・・・俺の大切な兄貴分、圭吾兄ぃのことを思い出すことが、最近よくある

『一期一会』

 

ほんで・・・師匠のことも思い出すこともよくある

『師匠』が残してくれたもの・・・

 

 

 

「もう二度と会われへん!」

「会いたくても会われへん!」

 

そない思えば思うほど・・・

人(俺)は・・・決して、独りで生きてきたんではないんや・・・

俺は・・・独りで、大きくなったんではないんや・・・

俺は・・・独りで、今の場所まで辿り着いたんではないんや

・・・ってことを、深く考えさせられる

 

 

 

 

各家庭によって・・・いろんな考え方、いろんな教育論があるんやろうけど・・・

その各家庭(親御さん)の、そういった素晴らしい考え方にプラスして・・・

俺自身が経験してきたこと・・・

俺自身が良かった(悪かった)こと・・・

俺自身が感じてきた(感じた)こと・・・

・・・を、子供たちに伝えていってやれたらなって、そない思うよ

 

それが・・・

ちょっとした「スパイス」になってくれたら・・・それぞれの味にも、変化が生れるかも知れへんからな?

 

そう・・・

俺自身が、そうやったように・・・

 

 

ありがとう! お母ちゃん!

 

 

We Can Do It!

Yey!!

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析