よくあるご質問

7月22日(日)~24日(火)・・・宮城県立武道館に於いて、中総体の宮城県大会が開催された

 

ウチの道場生の出場者&結果は・・・個人戦のみで・・・・・

清春(90kg超級)・・・2回戦敗退

恭太(90kg級)・・・準優勝(東北大会出場)

健之介(90kg級)・・・1回戦敗退

元ちゃん(81kg級)・・・2回戦敗退

SO(55kg級)・・・2回戦敗退

ココちゃん(48kg級)・・・2回戦敗退

以上のような結果やった

 

今回・・・あと、もうちょっとだけ手を伸ばしたら、「優勝」「全中出場」「宮城県代表」っていう称号が手に入ったかも知れへん・・・恭太

せやけど・・・ゴールデンスコアで、それらは、恭太の手のひらから、スルリと滑り落ちていった

 

試合後・・・恭太は、俺の職場に報告に来てくれた

(俺は・・・残念ながら、午前中だけしか応援に行ってやられへんかったから)

 

恭太・・・メッチャ、泣いとった

あんなに、でっかくなったのに・・・また、俺の胸の中で泣いとった

 

 

恭太にも伝えたんやけど・・・

俺は・・・彼らの結果は、あれでええと思ってる

 

失礼を承知で記すけど・・・

あんな練習量で・・・あんな練習内容で・・・あんな気持ちで・・・「優勝」なんかしたって、成長過程の彼らにとって、なんのプラス材料もないと思う

それどころか・・・「これくらいやってたら、優勝できるんやな?」なんて思われたら、彼らにとって、限りなくマイナス要素しかあれへん

 

「ほんなら・・・お前(北岡)が、しっかりやらせろよ!」っちゅう話やねんけど・・・

それも、また・・・俺の「教育方針」としては、ちょっと違う

 

 

昨年・・・海士先輩が、この大会で優勝してる

せやけど・・・海士先輩は、人一倍、人の見てへんとこで努力をしとった

それが・・・あの結果を引き寄せたんやろう

宮城県中学校総合体育大会

 

せやから・・・

恭太だけに限らず・・・ほかの連中(もちろん、SO(ウチの次男坊))も・・・

あの結果は・・・成るべくして成った結果であって・・・必然なんやと、俺は思ってる

 

 

 

たとえば・・・練習の内容を、10段階で表した時

宮城県で優勝した選手たちは・・・「10」や「9」、また、少なくとも「7」~「8」の練習を取り組んでることと思う

中には、もしかしたら・・・「6」くらいの子もおるかも知れへんけど・・・

 

せやけど・・・

ウチの道場生たちの練習は・・・せいぜい、「3」~「4」やろな?(いや・・・「2」~「3」かな?)

もちろん、それは・・・俺が、そないさせてるんやけど・・・

 

小・中学生共に・・・以前から、そんなスタイルではあったけど・・・

ここ最近は・・・年々、その数字は下がってきてるように思う

・・・・・って言うより・・・俺自身が、下げてるんやな?(^_^;)

 

 

小学生や中学生の時期(各個人・・・心身の成長に、限りない差があるこの時期)に・・・

これ以上ないっちゅう位の、限界近い練習に取り組ませて、「試合」に挑ませるっちゅうのは・・・俺の「教育方針」ではないんよなぁ~

 

もちろん・・・「それくらい追い込んで・・・それらの結果を軸に、次のステップへ、次のステップへ」っちゅう考えも、間違いではないと思うよ

 

せやけど・・・

全員が全員、その考えを受け入れてくれるんやったら・・・小学生柔道、中学生柔道が終わった時点・・・また、その途中なんかに・・・戦線離脱していく子は、もっと少ないんとちゃうんかな?って、俺は思うんよ

 

それに・・・小中学生の頃に、結果が残った子であっても・・・

せっかく、それなりの環境が与えられるはずの高校に進学した時に・・・

子供の頃に、やらされ過ぎてきたんか?

自分に限界を感じてしまってるんか?

それとも、己自身でモチベーションを維持することが困難になってしまってるんか?

 

いずれにしても・・・

根っこから頑張ろうとせえへんかったり・・・

日々の練習を流してみたり・・・

途中で辞めてしまったり・・・

 

少なからず、そんな子がおるっちゅうことからも・・・俺ら、少年柔道の指導者・教育者は、目は背けたらアカン部分やと思う

要するに・・・形はどうであれ、己自身からケツをまくってしまうような子を、俺らが創ってもうたらアカンのよな?

 

もちろん・・・そこが、人生のゴール地点じゃあれへんから・・・

そんな子達も、次のステージで、今以上に精進すればええだけのことではあるねんけどね?

 

せやけど・・・

人間って・・・『心の中に、どんだけ壊れへんもんを持ってるか?』ってことが、ものごっつい重要なことなんとちゃうんかな?って・・・

俺・・・そない思うんよなぁ~?

 

 

 

恭太はじめ・・・清春、健之介、元ちゃん、純聖

あいつら5人は・・・この「ええ加減」な環境(『北岡道場』)の中で数年間を過ごして・・・

柔道の結果とは違う、ものごっつい大切なものを手に入れてくれたんとちゃうんかな?

それを胸に・・・次のステージに羽ばたいていってくれることを、俺は心から祈ってるよ

 

 

彼らにとっての「その時」は・・・

次のステージなのか?・・・それとも、その次のステージなのか?

各個人、それぞれ「その時」は違うやろうけど・・・

「己の意志」で・・・「10」・・・いや、それ以上の取り組みができる人になってくれることを、心から期待してる!

 

 

 

 

 

大会当日・・・来てくれた道場生諸君および、親御さん方々

大会当日の応援も然り・・・おまけに大会前も、後輩たちと稽古をしに来てくれた、凜杜、海士、恭佑

ありがとうやで!

 

「彼らにとって、見えへん力になったはずや!」

・・・・・・・・・・なんて、ありきたりな言葉は言えへんで!

 

試合も見んと・・・遊びまくっとった、馬鹿たれ共めっ!(笑)(笑)(笑)

 

 

せやけど・・・

あいつら(試合に出た連中)にとっても・・・お前ら(応援に来てくれた道場生、卒業生たち)にとっても・・・

ここ(仲間がおる場所)は・・・ものごっつい、「居心地のいい場所」やねんやろな?

 

お前らを見とったら・・・

俺の思い描いてるもんが、リアルタイムで俺の目に映し出されるから・・・ホンマに、心が和むわ

ほんで・・・羨ましい限りやよ

 

 

毎回、毎回、記してるけど・・・

全ては・・・「通過点」や!

ほんで・・・

うつむかんと、前を向いてる奴にしか・・・輝かしい明日(未来)は来えへんねんで!

 

 

元気出していこう!

READY! GO!!

 

 

A.北岡道場は、幼児・小学生・中学生・強化メンバー等、練習時間を一切分けることなく、必ず全員で練習をしております。したがいまして、大きな試合前の大切な時期であっても、中学生が幼児の子の練習相手になってくれたり、高学年の子が低学年の子の帯や紐を結んでくれたり、隣にいるだれもが新しく入会した子の受け身の手伝いをしてくれたりしております(もちろん、監督の指示ではありません)。合宿に行くような時も、中学生と低学年の子や幼児の子が同室で過ごすことが当たり前、昔の「近所のガキ大将がいて、その子を取り巻く環境」を思い浮かべていただくと分かりやすいかも知れません(笑)。幼児から中学3年生、コーチ達(北岡道場卒業生)までがお互いを思いやり、尊敬し合う「絆」があるからなのだと思います。

A.申し訳ございません。監督である私が、練習(アップ)の場に行くことは、ほとんどありませんもので・・・。私は、試合は「学芸会」等と同じだと考えております。一生懸命練習をしてきても、当日緊張のあまり頭の中が真っ白になりセリフを忘れてしまう子、緊張なくいきなりのアドリブを使えてしまう子、練習の時以上の動きを本番で出せる子等、様々です。したがいまして、「ケガをしないだけの十分な体操、柔軟運動、遊びの中(追っ掛け合い等)での体を温めることさえしていれば、緊張感を漂わすよりいいのでは???」と考え、彼らの自主性を尊重、また彼らの当日のテンションに期待しております。ご理解いただきたくお願い申し上げます。

A.新聞等、ご覧いただきありがとうございます。北岡道場は、決して結果を追い求めた練習をしている訳ではありません。もちろん「勝利主義」ではありたいと考えておりますが、「勝利至上主義」の練習や指導は決してしておりません。ただ「柔道をするときは真剣に柔道をする」「遊ぶときは真剣に遊ぶ」「ゲームをする時は真剣にゲームをする」などケジメの部分は、日々口うるさく子供たちに伝えております。最近は、その「空気」を読んで取り組む子たちが増えてきたように感じております。

A.ご安心ください。元々、柔道の強い子なんて、北岡道場には誰一人としておりません。まして、入会時には皆々様(ご父兄の皆様)に「ウチは、柔道を強くするつもりはありません。柔道の結果を求めるのでありましたら、他の道場を選択してください!」とはっきりと申し上げております。「今日泣いていた子が、1ヶ月後に泣かずに柔道に取り組んでる」「今、前転しかできない子が、2週間後に後転ができるようになる」などが、子供たちの成長だと考えております。どうぞ、自身のお子様の成長を信じて、お預けくださいませ。

A.自宅での練習や合同練習会(料金を支払って、自由に参加できる市や県の練習会)は、子供たちの柔道を混乱させる可能性が大いにあります。足の置き場所、手の使い方、身体の方向け方等、各道場の監督さんが、その子に合った技や崩し方をご指導しているはずですので、自宅では遊び感覚のトレーニング等にとどめた方が賢明かと考えます。

A.確かに、自分の力や強さを誇示してしまい、横柄に育っていってしまう子も少なくはないと思います。北岡道場では「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を子供たちに指導しております。「柔道をしているから横柄になる」「サッカーをしているから偉そうになる」などと、どうか子供たちを偏見な眼で判断をしないであげてください。北岡道場の子供たちは、入会の時こそ「やんちゃ」であっても、日が経つにつれて素晴らしい物事の判断をしていく子に成長していってくれております。ぜひ一度、道場にいらしてご父兄のリアルタイムなご意見をお聞きくださいませ。

A.まず親御さん自身の求めているニーズが、今在籍している道場の監督さんの考えと合致しているのか?は重要な部分だと思います。子供(大人でも)は、上手くいくことは楽しく感じますし、上手くいかなかったり思い通りにならなかったりすると面白くなく感じたりするものです(もちろん、上手くいかないことであっても、楽しく取り組ませることが指導者にとって重要な部分だとは思いますが・・・)。ニーズが合致しているのでありましたら、それをお子様に言い聞かせ続けさせる方向で考えるべきだと思います。ニーズが合致しないのでありましたら、ニーズの合う道場を選択するか?ニーズの合うスポーツを選択するべきではないでしょうか?北岡道場の練習内容を見ていただくことも大いに結構ですが、その場合はまず、今在籍している道場の先生に筋道を通し、一旦退会をしてから、他の方面を選択していくべきだと考えます。

A.分からない場合、理解できない場合など、子供であるが故に多々あるかとは思いますが、「分からない」と訴えた場合は、今一度「先生に聞いてみなさい」と促してください。子供が理解するまで、膝を突き合わせてお話をさせていただきます。その上で、家庭教育とのニーズに、少し誤差があるようでしたら、どうか噛み砕いてリンクさせてあげてください。関西弁が理解いただけない場合は、慣れてくると思われますので、どうかご理解くださいませ(苦笑)

A.週2回(現在)の練習から、週4回の練習にしても、(誤解のないように記しますが)北岡道場の子供たちは、ほとんど変わらないと考えております。私は子供たちの自主性を尊重しておりますこと、また「柔道をする時は真剣に柔道をする、遊ぶときは真剣に遊ぶ」をベースに、成長過程の彼らには「柔道」以外にも、学ばなければならないことがたくさんあると考えております。したがいまして、「練習量を増やす」時間があるのであれば、ぜひとも違うスポーツ、勉強、親兄弟・友達との「大切な時間」にお使いいただきたいと考えます。

1 / 212

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析