『必然』1(大学3年生の夏)

俺は・・・『必然』っていう言葉が大好きや

・・・・・っちゅうより・・・己自身の身に起こることは、すべて『必然』であって・・・「偶然」なんていうもんは、存在せえへんと思ってる

 

その己自身の身に起こる『必然』を・・・どのように受け止めて、どのように次につなげていくんか?

ほんで、次に起こる『必然』を・・・如何に、己自身が真っ直ぐに受け止めることができる、素晴らしい『必然』に変えていくことができるんか?

 

すべては・・・己自身の『心』が決めること!

そない考えながら・・・俺は、人生を歩んできた(もちろん、今もそう考えてる)

 

 

なんで、北岡は・・・『北岡道場』を、こんな「ええ加減」な道場として運営してるんか?

なんで、北岡は・・・子供たちを、(現在の)チャンピオンに導こうとせえへんのか?

 

俺ら(指導者・教育者や親)が・・・ナンボ、いきり立ってもアカンのよな!?

「本気」になるのは・・・己自身でしかないねんから

 

俺の・・・詰め込み過ぎた教育・指導(柔道)によって・・・

俺(指導者や親)の下を巣立った時にこそ・・・自分自身の「責任」で、羽ばたいてもらわなアカンのに・・・

その時になって、自己管理ができへんような子になってしまってるようじゃ、本末転倒もええとこやからな?

 

成長過程の中で・・・

限りなく、酸いも甘いも経験させてやって・・・物事の良し悪しも、十二分に理解してもらって・・・

それでいて、「酸い」を選んだ時にこそ・・・どんな困難が立ち塞がろうとも、己自身を奮い立たせることができるとちゃうんやろか?

それが・・・己自身が、自ら背負い込んだ『責任』っちゅうもんなんとちゃうんかな?

・・・って、俺は個人的には、そない考えてる

 

己自身が気付いて・・・己自身が動いて・・・

その先にこそ・・・己自身が思い描く、「素晴らしい」場所があるんとちゃうんやろか?って、俺は思ってる

 

 

ほんなら・・・

「お前(北岡)自身の、今置かれてる環境は、素晴らしく最高!」・・・・・なんか???

傍目から見たら・・・到底、そうとは感じてもらえるようなもんではあれへんやろうな?

 

俺自身・・・

学歴社会でのし上がって、エリートっちゅう訳ではあれへんし、素晴らしい柔道の戦績を残してきた訳でもあれへん

また・・・

娘や息子が、柔道でチャンピオンになってる訳でもあれへんし、素晴らしい学業成績を維持してくれてる訳でもあれへんからな?

 

せやけど・・・今置かれてる環境こそが、俺にとっての『必然』であって・・・

その『必然』を真っ直ぐに受け止めてるからこそ・・・俺は今、メチャメチャ『幸せ』なんよ!

 

そう・・・

『幸せ』は、成るものではなく感じるもんやから!

ほんで・・・

すべては、己自身の『心』が決めるもんやから!

 

 

 

そんな俺自身が、経験してきたこと(昔話)を・・・

この場を借りて、記していくわ

 

いろんなことを・・・格好をつけんと、吐き出してみようと思うよ

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

平成元年4月・・・

前年の6月に・・・和歌山県高校総体、-71kg級の決勝戦で負けて、インターハイ出場を逃してもうた俺は・・・

「大学でこそ!」っていう期待を胸に、国際武道大学に進学した

 

C特待生という待遇で、大学に拾ってもらったにも拘らず・・・「大学柔道」っちゅうのは、俺が考えとったほど甘い世界ではなくて・・・

俺は・・・対外試合で何かの成績を残すどころか、学内予選も勝ち上がることができんと、レギュラーにさえなることができんでおった

 

 

そんな大学柔道生活の日々を送っとった、大学3年生の夏前・・・

俺は、監督(柏崎先生)から呼び出された

 

「北岡! お前は、明日から「第二道場」で練習しろ!」

 

俺は、「第二道場」に落とされることになった

 

 

「第二道場」っちゅうんは・・・

金銭的に余裕のない者(家庭の事情で、仕送り等がない者)が、アルバイトをしながら柔道をする

また、高校時代、それほどの実績を残していない者が、大学で部活動として柔道をする

ほんで・・・俺のように、「第一道場」で練習しとったにも拘らず、監督から干されたり、ヤル気のない者が、「御払い箱」的に行かされる

(当時は)そんな、場所やった

 

 

試合場を、2面取れるくらいの広さの道場やってんけど・・・

半分は・・・女子柔道部が使用

あとの半分が・・・第二道場生が使用するっていう感じやった

 

せやから、必然的に・・・女子柔道部員とも、練習をすることになるねんけど・・・

大学生にもなったら、余程のことがあれへん限り、男女の差は歴然としとる

 

・・・にも拘わらず、女子柔道部員と練習(乱取り)をするっちゅうことは・・・

俺ら(第二道場生)には・・・対外試合で活躍できるっていう「明るい未来」は、これっぽっちもあれへん!っちゅうことを意味しとった

 

 

当然、「第一道場」の連中とは、練習内容も違うし・・・技の詳しい講習なんかも、ほぼ無いに等しい

せやから・・・

レギュラーを選考する学内予選で・・・第二道場の選手が、第一道場の選手に勝つことなんてありえへんし・・・

レギュラーに選考してもらえることなんて、決してあれへんかった

 

もちろん・・・今現在は、どないなってんのか?は分かれへんけど・・・

当時の「第二道場」とは・・・「結果を求めて、必死になって頑張る柔道部員」ではなく・・・

「それ以外の人間」が行く場所やった

 

 

俺は・・・腐っとった

自分自身を正当化するための、腐り切った言い訳を考えることと・・・

「後悔」と「羨み」と「愚痴」を、吐き出すことしかできへんかった

 

 

その年(平成3年)の2月・・・

俺は・・・大切な大切な兄貴分(圭吾兄ぃ(先輩))を、事故で亡くしとった

 

それからは・・・誰に心を開くこともなく、同級生との接点すら持とうとはせえへんようになっとった(同級生が、80人近くもおるのに・・・)

 

圭吾兄ぃがおれへんから・・・

練習に行っても、一人ぼっちやったし・・・

オフの日も、いつも単独行動やった

何をやっても、おもしろくなかったし・・・俺は、メチャメチャ「孤独」に支配されとった

 

 

 

5月に開催される全日本学生体重別の関東予選が終わったら・・・4年生の先輩方は、事実上「引退」となって、練習には参加せえへんようになる

せやから・・・当時、3年生やった俺は・・・

誰に文句を言われることもなくなり(当然、監督からは、もう既に「御払い箱」状態やったから、何のお咎めも受けることはなく)・・・次第に、朝のトレーニングや午後の練習を休むようになって、「遊び」に夢中になっていった

 

せやから・・・

あの時、「第二道場」に落とされたのは・・・『必然』やったんやと思う

 

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析