『いじめ』の授業

もう・・・2~3ヶ月くらい前の話やけど・・・

練習時間内の、30分~40分間を使って・・・「いじめ」の授業をした

 

いろんな方法を考えた末・・・

演劇形式でやるのが・・・一番、子供達も興味をもってくれるんとちゃうんかな?って思って・・・その方法で実践した

 

たまたま、RITO先輩(高1)が、遊びに来てくれてたから・・・事情を説明して、「イジメられ役」をやってもらった

※劇とはいえ、結構な勢いで罵倒したり、バカにしたり、蔑んだり、蹴飛ばしたりするもんやから・・・中学生以下の道場生に、「イジメられ役」をやらせることに戸惑いがあった

一歩間違ったら、トラウマにもなりかねへんと思ってたから・・・

そんな中・・・たまたまやったけど、RITOが来てくれてて助かったよ(^^)

 

「いじめっ子」は・・・清春、純聖、健吉、SO、俺!(^^)!

 

みんなで寄ってたかって・・・

(いじめっ子=「い」  RITO=R)

い:「なんだよ?その刺繍! 赤色(宮城農業高校の刺繍は赤)なんて、ダセーんだよ!?」

(※宮城農業高校の関係者の皆さま! たとえ演技とはいえ、大変失礼なことを申し上げましたこと、お詫び申し上げます! 申し訳ございませんでした。 どうか、お許しいただきたくお願い申し上げます。)

い:「それに、臭えし・・・ 近寄ってくんじゃねーよ!」

R:「そんなこと、言わないでくれよ!」

い:「うるせーよ! なんか、喋ったぜ!?」

い:「とにかく、近づくんじゃねーよ! 俺ら、お前のこと、嫌いなんだよ!」

・・・・・・・・・・

・・・・・

 

そうやって、罵って・・・

また・・・RITOが、何か言葉を発した時には・・・徹底して、無視

無視しときながら・・・通りすがりには、わざとぶつかったり、蹴飛ばしたり・・・

 

「形はどうあれ・・・「いじめ」っちゅうのは、こういうことや! 絶対に、こんなしょうもないことは、したらアカンのや!」って・・・

そない、みんなに伝えた

 

 

それとは、逆に・・・

再度、RITOが、いじめられてるシーンを演じてもらって・・・

今度は・・・そこに、SOが登場

「お前ら、寄ってたかって、何しとんねんっ!? 何、大勢で一人をイジメとんねんっ!?」

・・・・・って、いじめられてる者を、助ける人が現れるっちゅう、シチュエーションや

 

それを・・・子供たちに、見てもらった上で・・・

「「いじめ」があったら、見て見ぬふりをせんと・・・こう言える人に、なってください!  

せやけど、そう言うたことで・・・今度は、言うた本人(お前ら)がイジメられる標的になるかも知れへん?  

もし・・・その正義感から、次は自分自身が標的になってしまって、しんどい思いをせなアカンようになったとしても・・・お前らには、ここ(「北岡道場」)に仲間がおるやないかっ!?

確かに、学校で過ごす時間は、一日の内で一番長いねんで!?  

その一番長い時間を、自分が標的になって、嫌な時間になってしもうたら、ものごっつい苦痛になるかも知れへん 

せやけど・・・お前らには、ここ(「北岡道場」)があるやないかっ!?  

最高な仲間(家族)がおるやないかっ!?  

だから、いじめる人になるんやなくて・・・いじめられてる人を助けられる、強い人になってください!」

そない・・・伝えた

 

ほんで・・・

「RITO先輩のことを好きな人?」

手を挙げた、YAMATOを呼んで、RITOと手をつながせた

「YAMATOのことが好きな人?」

手を挙げた、琳ちゃんを呼んで、YAMATOと手をつながせた

「琳ちゃんのことが好きな人?」

・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・そんなことを繰り返して、道場生全員が手をつないで、ひとつの輪になろうとした時

ちえちゃん(立っちゃんのママ)が、起ち上って・・・

「私も、みんなの事が大好きなので、輪に入ってもいですか?」

そない言うて・・・手をつないで、輪に入ってくれた

その言葉を皮切りに・・・そこにおった父兄の方々みんなが、手をつないで輪に入ってくれた

 

「俺らは・・・「柔道」、また「北岡道場」っちゅうもんで、ひとつにつながってるんや!  

RITOと琳ちゃんは、直接は手をつないでへんかも知れへんけど・・・YAMATOを介して、RITOと琳ちゃんつながってる  

他の連中も同じ!  

直接、手をつないでなくても・・・「柔道」「北岡道場」が、みんなをつなげてくれとんねん!  

せやから・・・お前らは、独りじゃないんや!  

これだけの仲間が、お前らには存在するんや!  

せやから、この先・・・もしも、何かの引き金で、いじめられる側になってしまったとしても・・・良からぬことを考えんと、必ず、この輪の中に帰ってこい!!  

要するに、「自ら「命」を絶つな!」っちゅうことや!  

分かったかっ!?」

 

 

 

 

俺ら、大人からしたら・・・

「綺麗事」なんかも知れへん

「偽善」なんかも知れへん

「くさい芝居」なんかも知れへん

 

それでも・・・

子供達には、やってやった方がええねん!

それでも・・・

子供達には、教えてやった方がええねん!

俺は・・・そない思ってるよ

 

だって・・・

すべての物事を・・・子供たちに対して、机上の空論だけで伝えても、ホンマに大切なことって、上手く伝わるもんじゃないと思うねん

どんな些細なことであっても・・・「心で感じたこと」って、忘れへんやん?

せやから・・・子供たちの「心」を動かすためには・・・「心」を揺さぶってやるのが、一番やと思うねんよ

 

 

「いじめ問題」って・・・

幼稚園や学校でも・・・かなりシビアに、取り組んでる部分やと思う

 

せやけど・・・

言葉だけでの説明やったり・・・文章だけでの説明やったり・・・

また・・・「如何なる場合も、暴力はいけません!」っていう言葉やったり・・・

それだけで、伝えようとしてしまうと・・・

間違って解釈する子も、出てくるんやないやろうか?って、俺は思うんよ

 

誤解してもらいたくないねんけど・・・決して、幼稚園や学校の教育内容を批判してるんやあれへんで!

もし、間違って解釈してる子がおったとしたら・・・その間違って解釈してるかも知れへん子も含めて、学校教育以外で俺ら(教育者)が携わることのできる子供たちに対してだけでも・・・今一度、足れへん部分を補えることができたらええんとちゃうんかな?

ほんで、また・・・せっかく頑張って伝えようとしてくださってる、学校の先生方をサポートできたらええんとちゃうんかな?

・・・っていう意味やで(^^)

 

だって、『主役は子供達』なんやから・・・その子供達をサポートするスタッフ(大人)は、何人おってもええやろ?

 

 

せやから・・・

「柔道」の時間を割いてでも・・・

分かりやすく、噛み砕いて・・・子供たちの「心」に残るように、大切なことを伝えてやった方が、俺はええと思って・・・

『「いじめ」の授業』を実践したちゅうわけや

 

 

道場主のくせに・・・

また、「柔道」の練習をせえへんかった言い訳を記してもうたわ

ホンマ・・・たまには、「柔道」せえよ!っちゅう話やよな(^_^;)

 

 

 

追伸・・・

RITO・・・協力してくれて、ありがとうな!

嫌な思いをさせてもうたね(^_^;)

 

しかし・・・

お前が後輩たちから得てる『信頼』っちゅうのは・・・ホンマに素晴らしいもんやね!(^^)!

 

お前が、俺の「息子」で・・・あいつらの「兄ちゃん」で、良かったよ(^^)

 

元気出していこう!

READY! GO!!

 

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析