『第14回 北岡道場杯』&『2019年 納会』

12月22日(日)・・・「北岡道場杯」&「2019年納会」を開催した

 

大人数やったから・・・AM8:00前に集合っちゅうことになった

 

まず・・・

ご父兄の方々にも、柔道衣を着用してもらって・・・年に一度の『親子喧嘩』

30名近いご父兄の方々が、柔道衣を着用してくれて、子供たちと組んでくれて・・・

狭い道場の中は・・・熱気で、ごった返しとったわ

 

 

体操、回転運動、打ち込み、元立ち(父兄)、自由稽古で・・・約1時間ほど、汗を流してから・・・

『北岡道場杯』を開始した

 

 

『北岡道場杯』

 

道場設立当初から・・・

年末のイベントっちゅうことで、冗談半分で始めた大会(行事)も・・・今年で、14回目を迎えることになった

 

道場設立当初(最初の3~4年)は・・・大変なことが、山ほどあったけど・・・

ここ10年ほど(特に、ここ最近(近年))の『北岡道場杯』は・・・大人数(大方100名近い)が集まってくれて、大人も子供も、仰山の「笑顔」に包まれるイベントを続けさせてもらってる

 

これは・・・

ホンマに、素晴らしいご父兄達に出会うことができて・・・

その方々が、力を合わせて子供たちのサポートをしてくれてるお陰やと・・・俺自身、心の底から感謝してる

 

 

正直、俺は・・・

柔道の「勝ち」「負け」なんか、どうでもいい(ある意味、今現在では、必要がないとさえ感じてる)

子供たちには・・・

そんなことよりも、もっともっと『大切なこと』を学んでもらいたいと、心底願ってる

 

 

余談やけど・・・

その『大切なこと』ちゅうのは何なのか?

それは、ここ(北岡道場)に在籍してくれて、ちょっと経ったら分かってきてくれるもんやと、俺は信じてる

 

逆に・・・裏を返したら、その『大切なこと』を理解していただかれへん方は、ここ(北岡道場)を去っていかれる

それは・・・しゃあないことやけどな

 

 

いずれにしても・・・

そんな、俺の考えに賛同してくださる、素晴らしいご父兄達に囲まれてるお陰で、今がある

ホンマに・・・ありがたいし、感謝しかない

ありがとうございます!!

 

 

 

 

さてさて・・・

試合の結果は・・・

 

〇ちびっこギャングの部(小学2年生以下)

優勝・・・HIRO KIRISAWA

準優勝・・・寛治朗

3位・・・隆盛

3位・・・亮

 

〇見習いギャングの部(小学3~4年生)

優勝・・・煌 KIRISAWA(チャンピオン大会 4年生軽量級 準優勝)

準優勝・・・小僧さん

3位・・・一太

3位・・・結月

 

〇ギャングの部(小学4~5年生)

優勝・・・子地蔵(チャンピオン大会 5年生軽量級 3位)

準優勝・・・煌 KIRISAWA

3位・・・びび KITAOKA

3位・・・柊

 

マフィアの部(中学生)

優勝・・・TAKERU

準優勝・・・啓太(チャンピオン大会 中学1年60kg級 3位)

3位・・・承吉

3位・・・チン太郎

 

ほんで・・・

栄えある・・・『第14回北岡道場杯』本戦(幼児から、中学生(一部大人)まで、フルオープン参加の1DAYトーナメント)

優勝・・・琳 KINAMI

準優勝・・・びび KITAOKA

3位・・・立樹 TANNO

3位・・・子地蔵 HOTTA

 

・・・・・・・っちゅう、結果やった

 

 

「宮城県学年別チャンピオン大会」入賞者・・・

宮城県スポーツ少年団学年別大会出場者(仙台市予選優勝者数名)・・・

中学生新人戦上位入賞者・・・

そんな子達が、多数おるもんやから・・・結構、レベルの高い大会やったけど・・・

その混戦の中、這い上がってきたのは・・・上記の子供たちやった

 

 

 

ほんで・・・

2019年の賞に輝いたのは・・・

 

『最優秀賞』・・・・・心颯 KITAOKA(中3)

彼は・・・北岡家の次男坊

道場設立当社、2歳で・・・オムツをつけて、足先まで隠れるタイツを履いて、その上に柔道衣を着用しとった

あれから、約12~13年・・・ここ(北岡道場)で、柔道を続けてきた

 

俺は、その間・・・彼に、「柔道」っていう「柔道」は、何ひとつ教えてないって言うても過言やないくらい、「柔道」に関しては放ったらかしにしてきた

今年、夏の東北大会が終わってから(俺(北岡道場)の生徒じゃなくなったから)・・・初めて、組み手のちょっと踏み込んだ部分を教えてやったっちゅうくらい・・・俺は、彼に何も教えてけえへんかった

きっと彼は・・・長女(悠葉先生)、長男(REN兄ぃ)の柔道を見て、見様見真似で自分の感性だけで、「柔道」をしてきたことと思う

 

それでも・・・

小学生の頃は、ずっと宮城県内の同学年の上位に食い込んできとったし・・・中学生でも、週にたった2回の(遊び重視の)練習で、東北大会にまで出場させていただいた

 

その上で・・・小さな子(道場の弟たち)のことはもちろん、後輩たちの面倒を、ものごっつい見てくれとった

実際に・・・彼に憧れてる後輩たちは多いことと思う

「強さ」と「優しさ」を兼ね備えた、道場のスーパースター、SO兄ぃこそ・・・文句なしの『最優秀賞』やろう

おめでとう! SO兄ぃ!

 

 

 

『優秀賞』・・・・・・・桜想(こころ) OGAYA(中3)

彼女とは・・・彼女が小学校1年生の時、まだ歯抜け状態の時から、付き合ってる

2歳上の兄貴(凜杜先輩(卒業生 現:宮城農業高校2年))といっしょに、道場に通ってきて・・・早8年になる

 

彼女は・・・下の子の面倒を、分け隔てなく見てくれる、素晴らしいお姉さん的存在

実際に・・・現在、道場に在籍してる子の妹さんなんやけど、(お母さんは)「桜想ちゃんが、在籍してる間に始めさせたいんです!」って、俺に言い切るくらい、皆が桜想ちゃんのことを認めてくれてる

 

中学生の後半・・・ちょっと、色気が出てきたんか?

大切な場面で、「柔道」に力が入らんかった時期もあったけど・・・

それでも、色んな意味で・・・文句なしの『優秀賞』やと、俺は思ってる

おめでとう! KOKOちゃん!

 

 

 

『敢闘賞』・・・・・・・樹梨っぺ(中1)

彼女は・・・恭佑(現:柴田高校2年)の妹

親父さん(篤さん)の大反対(「女の子には、柔道はさせへん!」っていう意向)で・・・ちっちゃい時から、道場には出入りしとったねんけど、柔道をやり始めたのは、4年生の秋口くらいやったかな?

 

手足が長くて(親父と恭佑とは似ても似つかへん(^^))、運動能力が非常に高い、おまけに素晴らしいポテンシャルを持ってる

まだまだ、楽しみながらの柔道やけど・・・地道に努力をしてるから、11月に出場したチャンピオン大会では、あわや優勝するか?の勢いやったよ

2年後には・・・全中出場

高校に進学しても、柔道を続けれるんやったら(親父が問題やな?(笑))・・・化ける逸材やと、俺は思ってる

 

せやけど・・・ここにおる間は、勝ち負けに拘ることのない、「楽しい柔道」をしてもらいたいと願うよ

おめでとう! 樹梨っぺ!

 

 

 

『努力賞』・・・・・煌 KIRISAWA

「こいつを差し置いて、「努力をしてる」っちゅう言葉が当てはまる奴はおらん!」っちゅうくらい・・・一生懸命に、「努力」をする子

ちょっと叩いたら・・・宮城県内はもちろん、全国でもある程度の場所までは上がるんとちゃうんかな?っていうくらいの資質を持った子

 

せやけど・・・実際には、宮城県内でさえ優勝することはできてへん

なんでやねん?

俺が・・・「柔道」をさせてへんからや!

(何を隠そう、俺が悪いねん)

 

キツイ練習を、徹底してやらせてる訳でもあれへんから・・・試合の時に、スタミナもすぐに切れよる

それに・・・

あのポテンシャル(特に「背負い投げ」)は・・・磨けば、もっともっと光るはずやけど・・・俺は、一切磨けへん

 

光らせるのは、俺(今)やない

高校や大学に行ってから・・・彼自身、自ら磨いて光らせたらええと思う

その時は・・・今の輝き(今、俺が光らそうとする輝き)なんか、足元にも及べへんくらい、光り輝いてるはずやから・・・

おめでとう! 煌!

 

 

 

『努力賞』・・・・・柊 SAKAMOTO(小4)

4年生の前半までは・・・気持ちにムラがあったし(っちゅうより、柔道自体が嫌やったんとちゃうんかな?)、俺の顔色ばっかりを窺って練習をしとった

そんな状態やったけど・・・

基礎練習っちゅうもんを怠たることなく、きっちり取り組んでることを・・・俺は、黙ってずっと見てきた

 

ある時・・・みんなの前で言うた

「努力に勝る天才はおれへんねんぞ! 基礎練習を疎かにやってる連中は・・・いずれ、地道にやってる柊に、必ず追い抜かされるぞ!」って

柊は・・・基礎練習はじめ、楽しくない反復練習を地道にやり遂げる、そんな素質を持った子

正に・・・『努力』賞

おめでとう! 柊!

 

 

 

『努力賞』・・・結月(小3)

兄貴(一颯:小5)はじめ、その学年とその下の学年(4年生)が強烈すぎるから、あんまり目立てへんけど・・・

3年生も、コツコツと努力する奴が多い

結月も・・・その中の一人

 

一見、悪ガキに見えるけど・・・俺が言うてることは、ちゃんと聞いてるし・・・周りの奴らに対しても、注意をして促したり・・・なかなか、おもろい逸材

技のポテンシャルも高いし・・・「同学年には負けられへん」っちゅう、プライドもあるんか?・・・同学年とは、意地の張り合いをようしとるわ

いずれにしても・・・強烈過ぎる4~5年生の陰に隠れながら、コツコツとレベルを上げてきてる中の一人

この先、期待してるよ!

おめでとう! 結月!

 

 

 

『努力賞』・・・・・銀河(小3)

結月同様・・・陰に隠れてるけど、地道によう頑張ってる子

また、先の結月と意地の張り合いをするのは・・・何を隠そう、この銀河

最初は、「背負い投げ」を教えてやったねんけど・・・どうも、しっくりきよれへん

せやから・・・切り替えて、「内股」を教えてやったら、自分自身しっくりきたんか?・・・時々、素晴らしい「内股」で、周りの子達を投げてる

 

天敵:小僧さん(4年生)には・・・悉く、やられてしまうけど・・・まだまだ、これからやな?

いずれにしても・・・来年からは、高学年

頑張るあなたを、応援してるよ!

おめでとう! 銀河!

 

 

 

『努力賞』・・・・・涼太郎(小3)

こいつは・・・どうしょうもない、悪たれ小僧やった

小学校に入学するか?せえへんか?っちゅうくらいの時から、道場に来はじめたねんけど・・・

俺の言うことは聞かへんし(お父さん、お母さんの言うことは、もっと聞かへんらしい)・・・思い通りになれへんかったら、噛みつきよるし、引っ掻きよる

 

「こいつ・・・このまま、大きくなったら、大変なことにもなりかねへんな?」って思ったし・・・

「怖いもんを教えたろかぇ!?」って考えて・・・

お父さん、お母さんなんか、比やあれへんくらい・・・

きっと家庭内では、経験したことがあれへんやろう?くらいの、カミナリを・・・奴の頭の上に何べんも何べんも落としまくったった(^^)

 

最初の頃は・・・首まげて、伏し目がちで、ブー垂れとったけど・・・

そのうち、「俺」っちゅうヤバイもんを理解し始めたんか?

いつからか?・・・物事を、一生懸命取り組むようになったし・・・ブーも垂れへんようになりよった

ええ少年に、なり始めてくれたよ

 

このまま、素晴らしい青年になってくれることを祈ってるよ

おめでとう! 涼太郎!

 

 

 

ほんで・・・

新旧、キャプテン&副キャプテンの交代をした

 

新キャプテン:優音

副キャプテン:YUTAKA

副キャプテン:柊

サポート役(アホのキャプテン:優音の監視役(笑)):びび

この体制で・・・2020年の1年間、走っていこうと思う

 

「優音」も「YUTAKA」も「柊」も・・・

この一年で、どんくらい成長してくれるんか?

ものごっつい、楽しみにしてるよ!(^^)!

 

 

 

 

 

この1年・・・いろんなことを考えがら、子供たち(道場生)と接してきた

 

親ではあれへんから・・・突き詰めた部分までは、入り込んでいく訳にはいかへんかったけど・・・

親ではあれへんからこそ・・・客観的にアドバイスをしてやったり、抱きしめてやったりしてやることができた

 

何が正しくて、何が間違ってるんか?・・・答えなんかあれへんとは思うけど・・・

俺自身は、彼らにとって・・・いつ何時も、そんなポジションでおれるといいんかな?って思ってる

 

 

ほんで、また・・・家族のこととしては・・・

今まで、「信念」を持って育ててきた我が子達が、どのような人生の選択をしていくんか?

特に・・・

来春、就職するRENは・・・どのような選択をするんか?、また、どのような「道」を進んで行くんか?

来春、高校に進学するSOは・・・どのような選択をするんか?、また、その高校に進学するために、己自身をどのように自己管理をして、己自身を創り上げていくんか?

 

正直、ものごっつい興味があったし・・・

自分自身の「子育て」の結果(っちゅうても、まだ途中経過やな?)が、ある程度浮き彫りになってくるんやろな?っていう、客観的立場からの観戦者でもあった年やった

 

 

でも、まぁ・・・

「人生一夢中」

・・・っちゅうやつやな?

 

 

時は・・・否応なく過ぎ去っていきよる

ほんで、過ぎ去った時間は、二度と戻ってきよれへん

 

 

我が子達も・・・道場生たちも・・・

その限りある自分の人生(時間)を、大切に大切にしてもらいたいと願うばかりやよ

 

 

 

 

 

 

時々、このブログの内容(「子育て」「教育」のこと)で・・・

「救われました」

「ありがとうございました」

「実践してみたいと思います」

・・・・・って、コメントをいただくことがある

 

こんな内容が、何の役に立ってるんか???

もしかしたら、社交辞令でお褒めいただいてるんだけなんかも知れへんな?

 

 

せやけど・・・

俺自身も・・・いろんな本を読んだり、ネットで検索したり、人からアドバイスをもらったり・・・

そないして・・・自分の「子育て」や「教育」に、プラス材料にさせていただいてることが、ものごっつい仰山あるくらいやから・・・

実際に、何かの役には立ってるんかも知れへんよな?

 

 

そんなこんなも、含めた上で・・・

今年も1年間・・・

私のくだらない「持論」にお付き合いいただきましたこと、本当に申し訳なく思っておりますし・・・

皆さんの貴重なお時間を頂戴しましたこと、心より感謝しております

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

最後になりましたが・・・

詩音、恭佑、海士、恭太、清春、健之介をご指導いただきました・・・柴田高校柔道部監督 狩野先生

瑛美をご指導いただきました、また、悠葉のことも、未だに気に掛けてくださいます・・・東北高校女子柔道部監督 佐藤明代先生

また、同様に、悠葉共々ご指導いただいております・・・東北高校女子柔道部コーチ 相澤実希先生

凜杜をご指導いただきました・・・宮城農業高校柔道部監督 丹野先生

遠藤沙季を、素晴らしい舞台にまで押し上げてくださいました・・・仙台大学柔道部監督 南條先生ご夫妻

試合会場はじめ、いろんな場面で、私のような人間と、いつも接点を持ってくださいます・・・凌門塾代表 佐々木先生

茨城遠征で大変お世話になりました・・・芯成塾 松本先生

また、同様に、合同練習でお世話になりました・・・菅井先生

指導者講習会の場で、交流を持ってくださいました・・・宮城県内の各道場の先生方

(順不同)

今年も、大変お世話になりましたこと、心より御礼申し上げます

ありがとうございました!

 

 

そして・・・

エッキさん・・・私(北岡道場)のことを覚えててくださり、またプレゼントまでいただきありがとうございました

スゲンさん、ギヤルトさん、イルハムさん・・・道場に来てくれて、ありがとうございました

 

遠藤夫妻、正ママはじめ、OBのご父兄の皆さん方・・・卒業してまでも、北岡道場に関わってくださいますこと、心より御礼申し上げます、ありがとうございました

 

 

最後の最後になりましたが・・・

北岡道場、また道場生・・・そして、私北岡、また明美のことを・・・

陰で支えてくださいました、北岡道場のご父兄の皆様方・・・本当に感謝しております

「子供たちの居場所」を・・・手を繋いで、囲って見守ってくださる皆様方の姿勢に、心より敬意を表します

ありがとうございました!!

 

ほんで・・・

道場生諸君!

OB&OG諸君!

今年一年も・・・お前らと過ごせて、メチャメチャ楽しかったわ

それと・・・

「北岡先生」を、育ててくれたこ、成長させてくれたこと・・・感謝してる

ありがとうやで(^^)

 

 

 

さぁ・・・

もうすぐ・・・2019年の幕が下りる

 

来年は・・・2020年!

俺自身も・・・50歳、節目の年を迎える年や

 

ほんで、また・・・

年が明けたら・・・

ちっちゃい時(小学校1年生の頃)から、いっしょに過ごしてきた・・・ヤマト、タケル、ココちゃん、SOが、ここ(北岡道場)を巣立っていく

 

皆それぞれ・・・いろんなことが、変わり始めるはずや

新しいステージの幕が上がりよる

 

 

 

 

これを読んでくださってる、すべての方々に送ります!

 

人生一度きり!

悔いのないように!!

 

腹の底から笑える、そんな家族や仲間と共に・・・

素晴らしい年を迎えてくださることを祈っております

 

2019年、最後の掛け声や!

ええかっ!?

いくぞっ!?

 

元気出していこう!

READY!?

・・・???

We Can Do It!?

・・・???

 

 

LINEで送る

新着情報

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析