『ありがとう』は魔法の言葉

俺は・・・

『ありがとう』

・・・っていう言葉を、ものごっつい大切に想ってる

 

 

たとえば・・・北岡家の日常の中・・・

 

俺は・・・夕食後、彼女(明美)に対して・・・

「ごちそうさまでした! ありがとう!」

・・・って、必ず毎日言うてる

 

別に、言おう言おうと心掛けてる訳やなくて・・・

感謝の気持ちとして・・・自然と、心から発してる

もちろん・・・

晩飯のことだけに限らず・・・日々の生活の中、事ある毎に、彼女に『ありがとう』を伝えてる

 

 

俺自身・・・

彼女に伝えることができる、『ありがとう』こそが・・・ものごっつい大切で、意味のある事なんやと、常々思ってる

 

 

また・・・

子供たち(悠葉先生、REN、心颯、心和)が、ちっちゃい時にも・・・

事ある毎に・・・「『ありがとう』を伝えよう!」って、彼らに言い続けてきた

 

それは、もちろん・・・

「親(俺や彼女)に感謝しろ!」なんていう、分別臭いもんでは、決してなくて・・・

『ありがとう』っていう魔法を、子供の頃から感じてほしかったから

 

 

せやから・・・ウチの家族(子供達だけやなくて、俺や彼女も)間には・・・

洋服を買いに出かけた時にも・・・「服買ってくれて、『ありがとう』」

お小遣いを渡した時にも・・・『ありがとう』

駅とかに送り迎えをした時にも・・・『ありがとう』

食卓で、手の届かへん場所(家族多いから、食卓机がデカいねん(^_^;))のお茶やお箸を取ってもらったら・・・『ありがとう』

学校の書類に、サインをした時にも・・・『ありがとう』etc・・・

 

そないして・・・毎日のように、『ありがとう』が飛び交ってる

(もちろん、「そんなこと、当然じゃ」って言われたら、全く以てその通りやねんけど・・・(^_^;))

 

 

 

さっきも記したけど・・・

俺は、『ありがとう』っていう言葉には・・・魔法があると思ってる

 

どんな状況であってでも・・・

『ありがとう』の一言があったら・・・心の中の苛立ちでさえ、浄化されてしまうことがある

せやから・・・

俺は、ずっとずっと前から・・・『ありがとう』は、魔法の言葉やと思ってんねん

 

 

 

 

人は、時々・・・己の周りに転がってる『幸せ』っちゅうもんを見失ってしまうことがある

「当たり前」なんていうもんは・・・この世の中に、何ひとつ存在せえへんのに・・・

 

両親や子供(要するに、愛する家族)が、存在してくれてること

あったかい御飯が食べれること

あったかい布団で眠れること

自分の子供が元気でいてくれること

大切な奥さん(旦那さん)と、日々平凡に暮らせること

柔道ができること

五体満足であること

「生きてる」っていうこと

 

この世の中に・・何ひとつ「当たり前」のことなんか存在せえへんのに・・

なんでやろうか?

大切なもの(『幸せ』)を、見失ってしまう

 

大切なもの(『幸せ』)・・・

それは・・・「平凡な日常」の中にこそ存在するもんやと、俺はそない思ってる

 

せやから・・・

「平凡な日常」の中にこそ・・・この上ない『幸せ』っちゅうもんが、山ほど詰まってるっちゅうことを・・・絶対に、忘れたらアカンねんよな?

 

 

己自身、病気をせんと健康でおれて・・・

家族も病気をせんと健康でいてくれて・・・

毎日、仕事ができて(に行けて)・・・

子供たちが、引きこもることなく学校や仕事に行ってくれて・・・

家に帰ったら、大切な人(奥さんや旦那さんや子供)が待っててくれて・・・

新しい命が、芽生えてくれて・・・

普通に飯が食えて・・・

普通に風呂に入れて・・・

普通に布団で眠れて・・・

時に・・・ちょっとした贅沢(アイスが食えたり、温泉に浸かれたり、外食ができたりetc・・)が、できるなんちゅうことは・・・実は、とんでもないくらいの『幸せ』なんやと、俺は思う

 

 

 

今いるポジション・・・今ある環境・・・今の自分自身の状況を「基準」に考えたら・・・

減点法になってしまうから・・・『幸せ』は、どんどん減っていきよる

 

今食ってる肉よりも、もっと美味い肉が食いたいだの・・・

今着てる服よりも、もっときれいな洋服が着たいだの・・・

今以上に、もっとたくさん遊びたいだの・・・

 

人は・・・どうしても、周りと己自身を比べてしまって、悲観的になる傾向があることも否まれへん

 

せやけど、そうなると・・・

「平凡な日常」が・・・恰も「当たり前」になってしまって、自分の心の中に「苛立ち」を覚えてしまうことさえある

 

 

余談やけど・・・

そないして、「欲」を持つことは・・・己自身を鼓舞する材料にもなるやろうから、ものごっつい大事なことなんやと思うよ

 

今食ってる肉より、もっと美味い肉を食ってやるって思って、頑張ったり・・・

今着てる服より、もっときれいな洋服を着てやるって思って、辛抱したり・・・

今以上に、もっとたくさん遊べるだけのお金を稼いでやるって思って、精進したり・・・

 

せやけど・・・その反面・・・

「欲」っちゅうのは・・・程々にしとかんと、己自身の「道」を見失ってしまうことにもなりかねへんもんやと、俺は考えてる

 

なんでか?

 

「欲」は、「雪」といっしょで・・・積もれば積もるほど、『道(人生)』が見えへんようになってしまうもんやから・・・

どこまでが道で、どこからが崖なんかも、見えへんようになってしもうたら・・・『道』を踏み外して、崖から転げ落ちてしまうことにもなりかねへんからな?

 

それに・・・

大切なもの(『幸せ』)が、隠れてしまうくらい降り積もってしもうたら・・・それこそ、本末転倒やろ?

 

まぁ、それは・・・俺が勝手に思ってることであって、全く以て余計な話やけど・・・(^_^;)

 

 

 

話を戻すけど・・・

時々・・・「俺って、クソみたいやなぁ~?」って、己自身を思いっきりナメきって、蔑んでみて・・・

「0(ゼロ)」からのスタートで、『幸せ』を加点方で数えてみたら・・・

自分が感じてる以上に・・・『幸せ』っちゅうもんは、メチャメチャ仰山あるもんやで?

 

せやから、やっぱり・・・

 

『幸せ』は、成るものではなく感じるもの

『幸せ』は、己自身の心が決めるもの

 

・・・・・なんやと思うよ?

 

 

 

家族に・・・「ありがとう」を伝えられること・・・

大切な人に・・・「ありがとう」を伝えられること・・・

そんな『幸せ』が、己自身の目の前に存在してくれることに・・・日々、心から感謝したいと思う

 

明日・・・己自身が、また、大切な人(家族)が、「平凡な日常」を過ごせる保証なんか、どこにもあれへんねんから・・・

そう・・・

この世の中に・・・「当たり前」のことなんか、何ひとつ存在せんへんねんから!

 

 

 

 

 

しょうもない「俺の想い」を綴った内容(ブログ)に、最後までお付き合いしてくれたことに感謝します!

 

『ありがとう!!』

 

 

 

We Can Do It!

Yey!!

 

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析