『こうた』と『こうた』

北岡道場の第八期卒業生・・・「遠藤滉太(こうた)」と「角田昂大(こうた)」

二人とも、高校3年生卒業間近

この学年の卒業生は・・・彼ら2人しかおれへんかった

 

・・・・・っていうても・・・

「角田昂大」(昂大)は・・・小学校高学年の時に、親父さんの仕事の都合で、東京に引っ越してしもうたから、中学3年生卒業まで、北岡道場に在籍しとった訳ではあれへんけどな

 

せやけど・・・

年に1回くらいやけど・・・仙台に来た時には、必ず道場に顔を出してくれて・・・

引っ越してからも、親父さん、お母さん含め・・・ずっと「北岡ファミリー」としてつながってくれとった

(ちなみに、昂大には、弟(双子:聖翔と拓満)がおって・・・こいつらも、当然、俺の大切な息子たちやしな)

 

 

「遠藤滉太」(滉太)は・・・柴田高校で、狩野監督にご指導いただき、全国高校選手権やインターハイへの出場もさせてただいた

この場(ブログ)にもよく出没する・・・「たまごっち」

たまごっち(^^)

『たまごっち』~高校編~

 

 

 

昨日(2月27日)・・・「昂大」が、俺の職場(接骨院)に、いきなり現れた

そう・・・東京におるはずの「昂大」が・・・

 

どうも・・・・宮城県の大学を受験するために、来仙しとったらしくてなぁ?

受験が終わった後・・・わざわざ、俺のところに挨拶に来てくれたちゅう訳やねん

 

「昂大」に会うのは、結構久しぶり(高校に進学してからは、部活とかが忙しくて、なかなか仙台には来られへんかった)でなぁ?

いろいろと話をしたけど・・・ものごっつい、ええ青年になってくれとったわ

 

「昂大」は・・・子供の頃、俺の前では、あんまり自分をさらけ出す感じの子じゃなくて、どっちかっていうたら大人しい方やった

せやけど、いつやったかな?

お母さんが・・・

「昂大が、私の財布から、お金をくすねたんです(涙) 先生、どう教育したらいいですか?」って、泣きながら、俺に相談しに来られたことがあった

 

もちろん、俺は・・・

「昂大は、大人しい子かと思ってたけど・・・親の財布から、金をパクれるくらいやねんから、安心したわ(^^)」って・・・

いつもの如く・・・お母さんが求めてるような答えとは、まったく違うコメントを、吐き出したねんけどな

 

ほんなら、お母さん・・・

「先生、なんで、そんなに悠長に構えてられるんですか!?」って、メチャメチャ悩んどったよ(笑)

 

 

そんな昔話も、「昂大」としながら・・・

「最近・・・お母ちゃんの財布から、金パクってへんのか?(笑)」って、わざと聞いたったら・・・

「昂大」・・・はにかみながら、「もう、パクってないですよ(汗)」って笑ってた

 

そんな、悪ガキで、アホやった少年は・・・堂々とした立ち姿勢で・・・

「大学に進学出来て、仙台に来ることができたら・・・道場に、顔を出しに行きます!」

・・・そない、俺に言うてくれた

 

「昂大」にとっても・・・「「北岡道場」は、「帰ってきてもらえる場所」やってんな?」って、再確認することができたのと同時に、ものごっつい嬉しくなった

 

 

帰り際・・・

「今から、「遠藤滉太」と会って、仙台駅でいっしょに飯食うんです」って言うて、帰って行った

 

 

 

 

 

 

「滉太」は・・・2ヶ月ほど前から(年が明けて、部活(柔道部)の練習がなくなってからなんかな?)、道場生(後輩)たちに指導しに来てくれるようになった

現役バリバリの滉太の方が、俺なんかより、テクニックもスキルも上やろうから・・・

道場生にとっては、メチャメチャありがたい存在やった

 

もちろん・・・生徒たちにとっては「滉太先生」って呼んでもらって・・・

練習前後の整列の時には、正面に座ってもらったし(俺は、正面から下がってサイドに座って)・・・練習内容の進行も、ある程度任せてやってもらってた

 

その「滉太」も・・・3月初旬には、大学(県外)の方に行ってしまう

3月2日(土)・・・最後の挨拶には来てくれるみたいやけど・・・

柔道衣を着用して、弟・妹たちに指導してもらえるのは、昨日(2月27日(水))が最後の練習日やった

 

 

自由稽古(乱取り練習)のラストに・・・「滉太」と組んだ

山のように大きくて、まったくもって動かへん

俺自身・・・「歳を取ってる(48歳)」ってことは、言い訳にもできへんくらい、「滉太」にケチョンケチョンに投げられた

 

わずか2分間の間に、何べんも何べんも投げられたけど・・・

俺・・・嬉しくて嬉しくて、たまらんかった

恥ずかしい話けど・・・涙まで出てきよった

 

小学校1年生の時から、12年間・・・ずっと、彼の成長を見せてもらった

 

小学校低学年の頃・・・

「コラッ~!! 何しとんじゃ! ワレッ~!」って、言う俺に対して・・・

「だって・・・REN兄ぃが、〇▼◇▽・・・☓◆△●・・・・なんだもん!」って、何言うてるか分かれへんような口答えばっかりしとった、アホな少年やった

 

ほんで・・・

中学3年生の受験前・・・

練習日の度に、「滉太」に問題集を持って帰らせて・・・次の練習日に、俺が答え合わせをして・・・

「間違ってる箇所・・・分からん箇所は・・・学校の先生に、ちゃんと聞いてこいっ!」

そない言うては・・・その日の問題集を持って帰らせて・・・

そんなことを繰り返して・・・ケツを叩きまくって勉強させた

そうでもせえへんかったら・・・危機感もなく、ホンマに、のほほ~んとしとったからな

 

そんくらい、アホやった少年は・・・・

素晴らしい立ち姿勢の「柔道家」・・・

ほんで、素晴らしい青年へと成長を遂げてくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、「滉太(こうた)」と「昂大(こうた)」

中学、高校と、まったく違った道を歩んできた二人やけど・・・

今もなお・・・『北岡道場』っちゅうもんで繋がってる

ホンマに、素晴らしいことやと思う

 

ちっちゃい時・・・きっと、練習はキツかった(あの頃は、闇雲にバチバチにキツイ練習をしとったからなぁ)やろうし・・・俺が怖かったやろうと思うねんけど・・・

今は、二人とも・・・ものごっついええ青年になって、俺と対等に話をしてくれる

ホンマに、この上なく嬉しい限りや

 

 

「勝ち」「負け」も大事なことなんやろうけど・・・

そんな事柄が舞い降りてきた時にこそ・・・

「『北岡道場』を起ち上げて・・・ほんで、継続してきて良かったなぁ~」って、最高に至福の時間に浸らせてもらえる瞬間やよ

 

 

 

 

道場生諸君!!

仲間や俺(先生)、また多数のオモロイ父兄の方々と、出会ってしまった以上・・・

出会う前には戻ることはできへんねん!

もちろん、俺自身も然りやけどな

 

せやからこそ・・・

「出会い」を大切に!!

「仲間」を大切に!!

『柔道』を大切に!!

『柔道』が、俺とお前らを・・・ほんで、仲間とを繋いでくれてんねんから・・・

 

 

『柔道』 最高!!

『北岡道場』 最高!!

誰一人の取りこぼしもなく、そう思ってもらえるように・・・

俺自身も、日々精進せなアカンな

 

 

ありがとう! 滉太!

ありがとう! 昂大!

お前たちの、これから先の人生・・・益々の活躍を心より祈っております!

 

 

We Can Do It!

Yey!!

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析