『必然』12(『柔道』しかない)

新たな出会い・・・自分自身の可能性?・・・やり残したこと・・・割り切られへん自分自身・・・

そんなことが、心の中を巡り巡って・・・

俺は・・・この先、歩んでいく『道』を決断した

 

『柔道』

 

俺には・・・それしかなかった

わずか、2~3歳くらいの時から、お婆ちゃんが縫ってくれた、柔道衣を着て畳の上に転がってた・・・俺

 

中学生までは・・・本気の「柔道」っていうもんさえも分からんまま、スポーツ少年団の道場で、週に1回の練習

せやのにも拘らず・・・高校を選択する時期になったら、当時、強豪校やった「和歌山北高校」を選択した

「和歌山北高校」は、県立高校やから・・・当然、大阪からは受験できへん

せやから・・・中学3年生の夏休み明けから、和歌山市内の中学に転校までして、「和歌山北高校」に進学した

 

高校を卒業する時も・・・「柔道を辞める」なんていう選択は、考えたこともなかったし・・・

迷うことなく、国際武道大学に進学した

 

 

せやから?・・・やったんかなぁ~?

結局・・・俺は、大学卒業後も『柔道』を続ける選択をした

 

実業団、警察、自衛隊など・・・

いくつかあった選択肢の中から・・・俺は、綜合警備保障(ALSOK)に興味を持った

 

あるルートを経由して・・・その夏の終わりに、綜合警備保障の常務取締役(柔道部顧問?)にお会いさせていただき、綜合警備保障に入社したい意向を告げた

 

話は、とんとん拍子に進んで・・・入社試験(面接)を受けに、本社(赤坂)に出向いた

入社試験当日・・・面接で、いくつかの質問されたねんけど・・・

まったく、何を言うてるんか?分かれへんくて・・・「分かりません!」の一点張りやった(^_^;)

 

ほんなら、面接の方・・・

「あなたは、〇〇常務を通して、当社で柔道をする方ですか?」

「はい! そうです!」

「では・・・もう、結構です」

 

そんな、内容やったと思うけど・・・

後日、自宅に採用通知が届いた

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析