『金メダル』より大切なもの

6月2日(土)~4日(月)の3日間・・・石巻市総合体育館に於いて、「全国高校総体 宮城県予選」が開催された

北岡道場の卒業生の出場は・・・

柴田高校3年・・・「滉太」

柴田高校2年・・・「詩音」

宮城農業高校1年・・・「凜杜」

以上の3名やった

柴田高校1年の「恭佑」と「海士」は・・・今回は、応援のみ

 

 

結果は・・・

柴田高校の団体戦のメンバーに選んでもらっとった「滉太」と「詩音」が・・・

見事・・・団体戦『優勝』を果たした

 

俺は・・・2日目、団体戦の決勝トーナメントのみ、応援しに行ったねんけど・・・

俺の目の前で・・・「その時」は訪れた

 

居ても立ってもおられへんかった俺は・・・

観客席から、階段を駆け下りて・・・会場におる、「滉太」と「詩音」を抱きしめた(って言うより・・・完全に俺よりもデカい、あいつらにしがみついた)

嬉しくて嬉しくて・・・涙が止まれへんかった

 

 

「滉太」は・・・小学校中学校時代、「これ」という成績は残してへん

強いて言うたなら・・・仙台市のスポーツ少年団の学年別の個人戦を3連覇したことが、唯一の戦績かな?

たまごっち(^^)

 

「詩音」も・・・中学3年生の時に、個人戦で東北大会に出場させてもらったけど・・・

決して、努力をして勝ち取ったっていう代物ではなく・・・「たまたま勝った」っていうレベルやった(^_^;)

『漢』の「追い出し会」

 

そんな・・・箸にも棒にもかからへんかった・・・

そんな彼らが・・・高校柔道っていう、「己自身の気持ち」で戦わなアカン、大切な時期の『金メダル』をぶら下げてくれた

 

誇らしかった!

ものごっつい、誇らしかった!

北岡道場に在籍してる時に、勝ってもらうことより・・・

何倍も、何十倍も、嬉しかったよ!(^^)!

 

俺の元を巣立った後・・・

素晴らしい指導者(柴田高校監督)に巡り合って・・・

大切な仲間(先輩、同級生、後輩)に巡り合って・・・

最高の舞台での・・・『金メダル』奪取

 

そんな彼らに、俺は言うた・・・

「小学校、中学校時代に、メダルをぶら下げたことがなかったけど・・・一番大事な時に、メダルをぶら下げることができたな?

それは・・・お前らが、仲間と歩んできた「努力」の証や!

その「努力」の証を・・・この先の人生も、絶対に忘れたらアカンぞ!」って

 

 

 

 

子供達は、皆それぞれ・・・各道場で、少年柔道時代を過ごしてきたことやと思うけど・・・

 

その間に・・・

他道場の監督同士間の、小競り合い

父兄同士間での、しょうもない水面下での争い

そんなもんを、見てきた子もおるんやないやろうか?

 

また、同じ道場内でさえ・・・

「監督のやり方が気に入らへん」だの、「先生の考えにはついていかれへん」だの・・・

同じ穴の狢同士、徒党を組んでは・・・お世話になってる(なってた)はずの道場や先生やコーチへの誹謗中傷を、この上なく吐き出して・・・

挙句の果てには、道場を移籍するまでに至る

 

どないなっとんねんな? 一体!

 

俺は・・・そんな、大人同士の小競り合い・・・そんな、大人の醜い姿勢を・・・絶対に、子供たちに見せるべきではないと思うねん!

 

 

子供の頃、強豪道場に在籍しとった子も・・・

ウチみたいに、「ええ加減な」道場に在籍しとった子も・・・

小中学校の頃、上位入賞をしとった子も・・・

ウチの道場の子達みたいに、箸にも棒にもかかれへんかった子も・・・

同じ高校に進学して・・・同じ志を持った瞬間に・・・こうやって、『仲間』になりよんねんから・・・

それやったら・・・その時に、子供の心の中は真っ白な方がええやんか!?

 

今回・・・「滉太」と「詩音」は、優勝したけど・・・

仮に、優勝してへんかったとしても・・・

ほんで、優勝できへんかった、他の学校のチームの子達も・・・

同じ志を持って、仲間と共に戦った(過ごした)、この時間は・・・

きっと、この先の人生で・・・限りなく生きてくる時が来ると思う

 

せやからこそ・・・

純粋無垢な状態で、次のステージに送り出してやれるよう・・・

大人は、表にしゃしゃり出ず・・・「脇役」に徹するべきじゃないんかな?って、俺は思うんよ

 

 

ほんで・・・もっともっと、大事なこと!

せっかく、素晴らしい指導者に巡り合ったとしても・・・「心ここに有らず」やったら、決して素晴らしい「結果」は生まれへんと思うよ

もちろん、その「結果」っちゅうのは、上位入賞することだけではあれへんで!

その指導者のことを・・・子供も親も、心の底から信頼してこそ、『その先』があるんやと俺は思う

 

道場在籍時であっても、高校在学時であっても・・・

親御さん自体が、右往左往したり・・・

先生に対する「不信感」を抱いてみたり・・・

先生の批判を、子供の前や多方面で吐き出してみたり・・・

挙句の果てには、道場移籍、柔道部退部、高校中退・・・

 

そんなことに・・・何の意味があんねんなっ!?

 

そんなくだらんことに、力を注ぐ前に・・・

「己が選んだ道」「己が信じた道」っちゅうもんを、子供にちゃんと言い聞かせて・・・

その道を、真っ直ぐに歩かせてやることの方が、ものごっつい大事なんとちゃうんかな?

(※もちろん、道場や高校の先生自体が・・・己自身の「利欲」や「感情」を、最優先にした指導・教育をしてへんことが大前提なんやけどね)

 

だって、子供たちは・・・

「柔道」を通じて、普通じゃ経験できへんような、素晴らしいことを経験するんやろう?

「柔道」を通じて、普通じゃ学ばれへんような、大切なことを学べるんやろう?

 

ほんなら・・・その過程の中で・・・

師匠に不信感を抱かせてみたり・・・途中で辞めさせたり・・・途中でケツまくらせたり・・・・・

そんなことを、親や指導者が、子供たちに身を以て教える必要はあれへんのんとちゃうんかな?

 

 

要するに・・・

子供は・・・親や指導者の「言うこと」は聞きよれへんねん!

子供は・・・親や指導者の「やったこと」しかせえへんねんから!

 

せやから・・・

高校に進学してまで・・・社会に出てまで・・・

要は、ええ「大人」になってまで・・・

「ああでもない! こうでもない!」って、思い通りになれへんことから、ケツをまくる子が出てきよるんやろうし・・・

おまけに、親も親で・・・そんな子供に対して、必要以上に過保護になり過ぎるんとちゃうんかな?って、俺は思うんよ

 

 

ほんで、また逆に・・・

俺ら道場(すべてのスポーツの少年団体)の運営者側(監督・コーチ)も同じ

 

他道場の先生自身や、他道場の方針を批判してみたり・・・

子供の試合結果に対して、くだらん小競り合いをしてみたり・・・

自分(監督やコーチ自身)の子供のことを、最優先に考えた指導(練習・遠征・合同練習等)をしてみたり・・・

次の指導者にバトンタッチしてる(あずけた)にもかかわらず、いつまで経っても「自分の教え子」気取りでおってみたり・・・

 

そんなことを・・・

今は、それぞれ各道場に在籍してるかも知れへんけど・・・

いずれ高校に進学した時に『仲間』になるであろう、純粋無垢な子供達に見せたり感じさせたりしたらアカンのよ!

 

もういっぺん(自分自身にも言い聞かすつもりで)記すけど・・・

俺ら大人は・・・あくまで、「脇役」

「如何なる場面でも・・・「主役」になるべく、しゃしゃり出てくる必要はない!!」

・・・・・っちゅうこと!

 

 

いずれにしても・・・

そんなことをしとる間は・・・

また、親自身が「子離れ」ができへん間は・・・

子供たち自身は・・・

ホンマの『師匠』

ホンマの『仲間』

・・・には、巡り合われへんと思うよ

 

ほんで・・・

ホンマの『金メダル』(金メダルより大切なもの)を、胸にぶら下げることはできへんのんとちゃうんかな?って、俺はそない思う

 

もちろん、これは・・・

いつもの如く・・・俺の「個人的な考え」っちゅうことだけは、重々理解していただきたいねんで

 

 

 

 

いずれにしても・・・

滉太!

詩音!

優勝 おめでとう!

 

ほんで・・・

凜杜!

(ちなみに、宮城農業高校の大将やった凜杜は・・・団体戦決勝トーナメント1回戦、詩音と真っ向勝負して散ってもうた(^^;))

恭佑!

海士!

お前らには・・・これから先に、期待してるよ!(^^)

 

 

 

 

最後になりましたが・・・

柴田高校監督、狩野先生!

大きな舞台で、こんなに素晴らしい結果に導いてくださいましたこと、心より御礼申し上げます!

ありがとうございました!

 

 

元気出していこう!

READY! GO!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析