「最近の若者は・・・」

「最近の若者は・・・」

・・・・・そないな言葉を、よう耳にする

 

今朝も・・・仕事に行く途中、車のテレビから聞こえてきた

「最近の若者のあり得ない行動ランキング」・・・みたいな内容やったかな?(^_^;)

 

 

 

ちょっとだけ、昔話を記そうと思う

 

約25年前・・・大学を卒業して、就職(綜合警備保障(ALSOK)に入社)した俺も・・・

当時・・・そない言われた部類の新入社員やった

 

 

その年・・・国際武道大学からは、俺ともう一人・・・同じ階級(65kg級)で、俺と同等レベルくらいの柔道選手が、ALSOKへ入社することになっとった

 

入社前・・・

先に国際武道大学から就職をしとった、3歳上の先輩(全日本実業団体重別でも、トップクラスの選手)から・・・

「お前ら二人で試合をして・・・勝った方から優先して、「営業課」か?「採用課」か?を選べ」

・・・・・そない言われた

 

「営業課」は・・・結構、ノルマもあって、柔道に専念することは非常に難しい部署

それに引きかえ・・・

「採用課」は・・・学生の就職活動が本格化する時期に合わせて、忙しさは増すけど・・・普段は、結構時間を作ることができて、柔道に専念するには非常にええ環境やった

せやから・・・柔道部、剣道部の選手たちは、全国的に見ても「採用課」に属してる者が多かった

 

 

俺ら軽量級は、選手生命は、決して長くない

長くても・・・3~4年(25~26歳頃まで)やろうか?

それを考えたら・・・

「「柔道」という部分で、この会社に拾ってもらってんねんから・・・「採用課」に在籍して、徹底して柔道に専念した方がええな?」

・・・・・そないな答えを出す方が、正解やったんかも知れへん

 

せやけど、俺は・・・

迷わず・・・「「営業課」で、お願いします!」・・・そない、先輩に伝えた

 

「いいのか?  柔道の練習時間は、限りなく取れなくなるぞ?」

先輩は、そない言うて心配してくれたけど・・・俺には、まったく迷いはあれへんかった

 

 

いつやったか?は、忘れたけど・・・

「将来のことを考えたら・・・営業職は、やっといた方がええぞ!」

おそらく、親父やったと思うんやけど・・・俺に、そないなことを言うてくれとったことを記憶してた俺は・・・

 

何気なく「将来」のことを考えたんか?

それとも、その言葉が、当然のように俺の背中を押したんか?

今となっては、分かれへんけど・・・俺は、迷わず「営業課」を選択した

 

 

その・・・「営業課」

当時・・・まだ、バブルの名残が残っとったんか?

悠長なことに・・・営業マンには、1ヶ月間の「営業研修(座学に始まり、名刺の渡し方、営業の喋り方等)」たるもんが、設けられとった

 

神奈川県内にある・・・神奈川事業部、横浜支社、川崎支社、相模支社、湘南支社の新人営業マン全員(約20名)が一堂に集まって・・・支社(事業部)の次長や営業課長が・・・講師的な役割で、指導をしに来てくれるんやけど・・・

基本的に・・・子供の頃から、勉強なんかしたことがあれへんかった俺は・・・その研修(特に座学)が、ダルくてダルくて仕方がなかったよ(^_^;)

 

きっと・・・そのダルさ加減が、表に現れとったんやろなぁ~?

おまけに・・・

深緑色や、灰色っぽい色のダブルのスーツ(時代を感じるなぁ(^_^;))

スウェード生地のような靴(これも、時代を感じるなぁ(^_^;))

ツーブロックに刈り込んだ髪型(^_^;)

 

さすがに・・・「柔道」という世界で生きてきたこともあって、挨拶だけはきちんとしてたつもりではおるけど・・・

とても、柔道の選手とは思われへん、その風貌から・・・

 

各支社の次長、営業課長は、口を揃えて・・・

「あの「北岡」って言う新人は、営業なんか務まるはずがない! すぐに、辞めるよ!」

・・・って、俺が在籍する、横浜支社の営業課長(通称:首なし課長)に言うてたみたいで・・・

首なし課長は・・・ご丁寧に、その内容を、逐一俺に教えてくださった(^_^;)

 

 

中でも、川崎支社の営業課長は・・・営業マン時代、素晴らしい実績を持っとって、鳴り物入りで、若くして営業課長に抜擢された方やったらしくて・・・・・俺に対しての風当たりは、「これでもかっ!?」っていうくらい、ものごっつい強かった(^_^;)

 

でも、当の本人の俺は・・・

「今に見とけよ!? 目ン玉、見開かしたるからなっ!?」

そない、腹の中で、ずっと考えながら・・・目ン玉に力込めて、川崎支社の営業課長の目を、真っ直ぐに見据えてた(睨んでたって言う方が妥当かな?(^_^;))

 

それが、課長からしたら、さらにムカつく態度に映ったんやろうな?

限りなく、悪循環やったような気がするわ(^_^;)

 

 

そんなこんなで、1ヶ月にわたる営業研修も終了し・・・各営業マンが、各支社(各支社の各事務所)に戻され、日々の業務がスタートした

 

俺が配属された横浜支社の新人営業マンは・・・4人やった

(横浜支社ちゅうのは、地域的にもやろうけど、規模が大きくて・・・営業マンの人数も、40人近くおったんとちゃうんかな?)

 

その新人営業マンたちに・・・営業(首なし)課長が、こない言うた

「まず最初は、先輩営業マンについて、営業を学ぶと思うけど・・・その後、独り立ちした時に、先輩営業マンからのお裾分けをもらうんのではなく、自分の力だけで、まったくの新規営業をして、1ヶ月以内に1件でも契約してきたら・・・支社長が、ステーキをご馳走してくれると言ってる!」・・・・・って

 

「ナメられたもんやなぁ!?」

俺は、それくらいにしか思ってへんかった(ホンマ、生意気な若造やった(^_^;))

 

 

まず・・俺らがやる営業は、何を契約してもらうんか???

 

機械による無人警備システム

要するに・・・夜間、無人になる会社やテナントに、センサーを取り付けて・・・センターでオンラインで監視するっちゅう警備システム

たとえば、接骨院規模程度の大きさやったら・・・だいたい、月額30,000円、機器設置工事費250,000円ってとこやったかな?(当時)

 

それを・・・企業(自宅用の警備は別)に対して、片っ端から飛び込みセールスをするんやねんけど・・・

100件飛び込んで、1件見積依頼が出たら・・・御の字

見積もりを10件、お客様に出させていただいたら・・・やっと、1件契約に結び付くかどうか?

せやから・・・1000件の飛び込みセールスをして、やっと1件契約に結び付けることができるんか?

その時代は・・・それくらいのレベルやってことを、営業研修で教わっとった

 

 

俺・・・「今に見とけよ!?」って、ずっと考えてたし・・・

後にも・・・

仮に、退職するにしても(結局、4年間在籍させていただいてから、接骨院や道場を運営したくて、ALSOKを退職したねんやけど・・・)・・・

「「この会社には、あなたのような営業マンが必要なんです!!」・・・そない言わしめてから辞めたるわ!」

・・・そう思いながら・・・4年間、営業に打ち込んだ

 

 

 

話を元に戻すけど・・・

「先輩からのお裾分けではなく、独りの力で、1ヶ月以内に1件でも契約してきたら・・・ステーキ!」

「お前らは、最初の数ヶ月は、戦力にはなれへんねんから・・・」っていう、暗黙の太鼓判を押されたような状態から始まった・・・営業活動やったけど・・・

 

俺を指導してくださった、先輩営業マンは・・・東海大学柔道部出身の小橋川さん

幸か?不幸か?・・・その人についたことが・・・俺にとったら、「吉」と出たんかも知れん?

 

営業初日・・・

小橋川さん:「お前・・・名刺持ってるんだろ?」

俺:「はい! 持ってます!」

小:「じゃあ、営業行ってこい!!」

俺:「いや・・・でも、どうやってやればいいのか・・・???」

小:「そんなもん、その時次第だよ! 営業研修みたいに、必ず「この場合は、こうやって・・・この場合は、こう説明して・・・」なんて、絵に描いたように事が運ぶはずがないんだよ!  「何が、分からないのか?」も分からないお前に、一から十まで説明してるやるほど、俺は暇じゃないんだよ!  分からないことが出てきたら、その都度、質問したら答えてやるから!  分かったか?  分かったら・・・さっさと、営業行ってこい!!」

※最初は、先輩営業マンが、いっしょについて回ってくれるんやったんとちゃんかぇ!?(^_^;)

 

営業課長なんかより・・・小橋川さんの方が、よっぽど怖かったよ(^_^;)

(※ちなみに・・・この、小橋川さん・・・

現在(ちょっと前までかな?)は・・・地元、沖縄に戻って、少年柔道の指導に携わってる

RENが5年生の時の全国小学生学年別柔道大会(浜松で開催)に、小橋川さんの息子さんも出場しとって・・・会場で、お会いする機会もあったり・・・今現在も、コンタクトを取ってる)

 

この人には、営業のノウハウを教えてもらったっていうより・・・営業マンとしての「責任」を、物言わずとも教えていただいたと、俺は感じてる

せやから、俺は・・・小橋川さんには、ホンマ、ものごっつい感謝してる

 

 

また、話が逸れたな・・・(^_^;)(^_^;)

 

俺は・・・無我夢中で、片っ端から飛び込みセールスをした

目の前で、渡した名刺をゴミ箱に捨てられたり・・・破られたり・・・そんなことは、日常茶飯事

目を合わせてさえくれへん人も、多々おったよ

 

そんなことにもめげずに、飛び込みセールスを続けてたら、話を聞いてくれる方も、中には出てきよる

その時・・・

お客様:「それで・・・お宅のシステム内容は?」

俺:「・・・・・・・?(-_-;)」

お客様:「お前、自分の会社のシステムも分からずに、営業しに来てんのかよっ!?  出直してこいっ!」

 

そうやって、行き詰ったら・・・小橋川さん(会社)に電話して、教えてもらって・・・

その繰り返し繰り返しで・・・

俺は、営業活動に出て・・・わずか1週間で、1件の契約を獲ることができた

ほんで・・・その月が終わる時には、3件の契約を獲ってきてた

 

 

そないなったら・・・人っちゅうんは、手のひらを反すもんやでなぁ~?

後に・・・営業会議やったか?なんかで、川崎支社の営業課長と再会した時・・・

「お前なら、やってくれると思ってたよ!  お前は、周りの新人と違ってたからなぁ?」

 

良くも、悪くも・・・言い方次第やわな(^_^;)(^_^;)

 

あんだけ、周りと比べて、「あいつは・・・」って言うてたはずやのに・・・

結果が出たら・・・ええ方向で、「周りと違ってた」って言うてくれるんやから・・・

 

 

それから、退職するまでの4年間・・・

「「この会社には、あなたのような営業マンが必要なんです!」・・・そない言わしめてやる!」って想いも持ちながら・・・

俺は・・・一生懸命、営業に取り組んだ

 

それが功を奏したんか?

退職する時には・・・

大口の契約先を何件も抱えさせてもらってたし・・・

マンションに取り付ける「宅配ロッカー」の先駆けやった商品を設置する(年間数棟、マンションを建てる)、デベロッパーも抱えさせていただいとった

 

また・・・日本国内に数百店舗も展開する、超大企業(90%以上の店舗が、ライバル会社「SECOM」の契約先やったけど)の当時の統括本部長さんからも(仕事柄、しつこくしつこく足を運ばせていただいとった(^_^;))・・・

「私が、某企業を紹介するから、そちらで営業マンとしてチャレンジしてみてはどうだ?」っていう・・・俺にとっては、勿体ないくらいのありがたいお言葉までいただいた

 

もちろん・・・

「私には、このような(現在、俺がやってること)「夢」と「目標」がありますので・・・」と、丁重にお断りさせていただいたけど・・・

 

 

 

 

 

これは・・・俺の自慢話でも何でもない!

じゃあ、何が言いたいのか???

 

 

「最近の若者は・・・」

 

そう・・・

いつの時代も、いろんな経験をされてこられた方々から見たら・・・若い子達は皆、「最近の若者」なんよな?

もちろん、俺もそうやったように・・・

そんな俺でさえも・・・時が経って、40歳代後半になった今・・・

20歳~30歳くらいの子を見たら・・・良くも悪くも「最近の若者」なんよ(^^)

 

せやから・・・

その「最近の若者は・・・」って、一括りで言われるのを、逆手に取ったったらどないやろか?っちゅう話

 

一昔前よりも、さらに今の世の中が、そんな風潮である以上

きっちり挨拶ができたら・・・?

ハキハキと喋れたら・・・?

見た目と本質が違ったら・・・?

物事に対して、途方もなく一生懸命に取り組む子やったら・・・?

たった、それだけのことができるだけで・・・格段に、評価は上がるんやから・・・

 

特に、これからの時代は、なおさらちゃうかな?

 

 

そらぁ・・・

見た目も爽やかで・・・清潔感があって・・・人当たりが良くて・・・素直で・・・素晴らしい挨拶や返事ができて・・・何事にも一生懸命取り組む「若者」やったら・・・申し分ないんやで!?

 

せやけど・・・

「そんな奴、おらんやろぉ~!?  チッチキチー!!(古っ!?)」・・・やよ(^_^;)

 

それやったら・・・

周りのレベルが低いって評価されてる(「最近の若者は・・・」ってやつな)、今日この頃・・・

その中で、「当たり前」のことさえできてたら・・・「たったそれだけで、どんだけ評価が上がるんか!?」っちゅうこと!

 

 

だからこそ・・・

「当たり前」のことが・・・「当たり前」に、出来なアカンのやと、俺は思うねん!

 

挨拶・・・

返事・・・

喜怒哀楽・・・

空気を読めること・・・

一生懸命さ・・・

直向きさ・・・etc・・・

 

簡単にできそうやけど・・・なかなか難しいで?

 

せやから・・・

俺が今、彼らに教えてやることは・・・「柔道」の勝ち方が最優先じゃないんよ

もちろん、勝つことも大事やけど・・・

「柔道」を通じて・・・「北岡道場」で、大切なこと(そういったこと)を学んでほしいねん!!

 

 

いずれ・・・俺の元を・・・また、親御さんの元を羽ばたいていく彼らに・・・

どうか・・・

喜怒哀楽豊かに・・・一生懸命さと直向きさを兼ね備えて・・・その場の空気を限りなく読むことができる・・・

その上で・・・自分が決めた「道」には、決して嘘をつくことなく、真っ直ぐに突き進んでいける「人」になってもらいたい!

・・・・・そない願ってる

 

人生の色付けは・・・己自身でせなアカンのは当然なんやで!?

せやけど・・・

「それら」ができてたら・・・そんな自分自身を、きっと・・・ええ方向に導いてくれる人に出会うと思うから・・・応援してくれる人に出会うと思うから・・・・・

 

今、「柔道」がナンボ強くても・・・「それら」ができへんかったら、「過去の栄光」だけに、いつまでもしがみ付かなアカンような人生になってまうでぇ~?

 

たった一度の人生!

己自身を磨くべく・・・

この一瞬一瞬を・・・生きて生きて生きまくってほしい!

 

もう・・・「最近の若者」に戻ることができへん、オッサンの戯言やと思って聞いてくれ!

頑張れ!

「最近の若者」達!!

お前らにしか、できへんことがあるんやから!

 

 

ちなみに・・・

そんなオッサンでも、まだまだ生きて生き生きまくるために・・・

俺には・・・日々、想ってることがある!

人生は・・・

冥土までの暇つぶし!!

極上の暇つぶしをせなアカン!

 

それと・・・

「人間」は・・・死ぬまで、勉強や!!

 

歩みを止めたら・・・

「後退」しかないからな!?

 

元気出していこう!

READY! GO!!

 

 

 

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析