反省の「誕生日サプライズ」

12月9日は・・・俺の誕生日

今年で、46歳になった

 

一昨年、昨年と・・・子供たちに、サプライズをしてもらってる

巧妙な罠(サプライズ大作戦?)

サプライズ・・・ふたたび(>_<)

今年は・・・12月10日(土)の練習日は・・・中学生を中心に、「新日本プロレス観戦」で、ごっそりお休みやから・・・

 

そうそう・・・まずは、その話から・・・(^_^;)

 

「先生、プロレス観に行くので、練習を休みます!」

 

・・・・・って、胸を張って言いにくる、詩音(中3)、RITO(中2)、恭佑(中2)、海士(中2)、涼太(中2)、清春(中1)、恭太(中1)、元ちゃん(中1)、健ちゃん(中1)、SO(小6)・・・・・(中学生全員やんけっ!?(^_^;))

「おっ、ええやんけっ!? 行ってこい! 行ってこい!」って、二つ返事で「OK」を出す、俺(道場長)

 

なんでか?

俺、彼らに言うた

「柔道の練習も、確かに大事!  せやけど、道場の仲間(友達)同士で、「プロレス観戦」?  最高やないかっ!?  同じだけの時間を費やすんやったら、「心」に残るもんが大きい方がええねん!  「思い出の幅」は、絶対に広い方がいい!  だから、練習なんかより、みんなで「プロレス観戦」に行ってこい!」って

大人になった時・・・その日の練習内容を、鮮明に覚えてる奴は、限りなく少ないと思う

せやけど・・・仲間と共に、例えくだらないことであっても、同じ時間を共有したことは、ホンマに鮮明に覚えてるもんや

せやから・・・彼らにも、大人になった時に、「あの時、こうやったよな?」って、笑いながら話せる最高の瞬間を経験しといてもらいたいねん

 

 

俺・・・綜合警備保障(ALSOK)に在籍してた時・・・

全日本実業団体重別選手権で、上位に入賞して、講道館杯の出場権を得た

 

大学時代、本気になって柔道に取り組んで・・・全日本学生体重別選手権で上位入賞にすることと、講道館杯出場を目指して、ほんで、もっと先へっていう夢を持って、必死に上を目指して努力した

まぁ、せやけど・・・夢は途中(関東大会(^_^;))で途絶えてもうたねんけどな(-_-;)

「それでも!」って、しがみつくように、実業団で柔道ができる環境を模索して選択した、綜合警備保障(ALSOK)

 

喉から手が出るくらいに欲しかった、上につながる大会(講道館杯)に出場するための切符

やっとの思いで、ひとつの階段を上がって、メチャメチャ嬉しかったことを記憶してるけど・・・

 

それでも、今振り返ってみたら・・・仲間といっしょに過ごした、あんだけ楽しかった掛け替えのない時間には、どないしても勝たれへんのよなぁ~

 

「なんでなんか?」は、一言では説明できへんけど・・・

多分、それは・・・「孤独の中で得たもの」と「仲間と同じ時間を共有して、同じものを見たこと」の違いとちゃうんかな?って、俺は勝手に思ってるねん

 

せやから、彼らに、その通りにしか伝えてやることができへんけど・・・

でも、「心」で何かを感じてきてもらいたいって願うんよな(^^)

 

 

 

・・・・・と、まぁ・・・話が脱線してもうたけど・・・

そうやって、ごっそりと休む連中も多い予定やったから・・・「誕生日サプライズ」をしてもらえるなんて、これっぽっちも考える余地はなかった

 

 

せやけど・・・

12月7日(水)の練習終了後、SOの「集合!」の合図

いきなり電気が消えた(^_^;)

 

HAPPY BIRTHDAY TO YOU! ♪♪

HAPPY BIRTHDAY TO YOU! ♬♬

 

みんなが、歌ってくれた

 

 

 

俺・・・我に返った

実は、最近・・・心に穴が開いて、なんか冷たい風が、心の中に吹きっさらしやったねん

どうも、負のオーラが、俺にまとわりついてるような気がしてな

 

卒業生や、今いる子供たちの将来を考え、自分の想いを最大限に我慢して行動(言動)して・・・

俺自身、「責任」っていうもんを背中に背負って、両足で踏ん張って、真っ直ぐに見据えてるつもりやねんけど・・・

くだらん「嘘」とか、しょうもない「行動・言動」とか・・・いずれにしても、俺の教育の辞書の中には、絶対に存在せえへんような事案が、平気で俺の前を浮足立って歩いていきよんねん

 

歩いてるだけやったらええねんけど・・・言うに事欠いて、嫌って言うくらい俺にまとわりついてきよるんや、これが!

俺、背中に背負ってる「責任」を、地べたに降ろして、思いっきり蹴散らしたろうかな?って思うねんけど・・・背中に背負ってるもんは、簡単には降ろされへんし・・・っていうより、自ら降ろされへんよな?、そんな大事なもん!(^_^;)

せやから、それでも踏ん張って立ち続けるためには・・・心に穴開けて、風通しをよくでもせんと、今にも倒れそうになってまうっちゅう訳や!

 

俺も、人間やから・・・仕事、道場、家族、周りで起こる出来事だけでも、十二分に動力を使ってるつもりやねんけど・・・

その上に、そんなしょうもないことが、まとわりついてきよったら・・・俺かって、いっぱいいっぱいになってもうて、「余裕」がなくなってきてまうねん!?

ほんで、負のスパイラルに引き込まれて、項垂れて・・・

 

 

せやけど・・・

そんな状況から、その日は我に返らせてもらった気がしたなぁ~

 

人間、「幸せ」に包まれてる時は・・・涙が止めどなく溢れてくるもんなんやろうけど・・・

昨日は・・・さすがに、涙よりも自分自身への「反省」ばっかりがこみ上げてきたのが事実やった

「たとえ、余裕がなかったにせよ・・・この子たちが、俺を見てくれるように・・・俺自身は、この子達を、真っ直ぐな目ン玉で見てたんやろうか?」って・・・

それと同時に・・・

子供たちの笑顔が、「心」の穴を塞いでくれたし・・・倒れへんように、背中を支えてくれたように感じたのも事実やったけどな

(ちなみに、その3日後・・・プロレス観戦に言った連中が、お金を出し合って、俺にパーカーを買ってきてくれたねんけど・・・それを受け取った時は、吹っ切れてたんやろなぁ~・・・・・俺、ボロ泣きしてもうたよ(^_^;))

 

 

 

なぁ、北岡よ!

お前が浮足立って、どないすんねん!?

『世の中が思うようにならないことの自覚』やねんやろ!?

子供たちは、お前のことを、真っ直ぐに見てくれてるやないか!?

 

さぁ・・・ここから、どない動く?

『感動』とは・・・心が感じて動くこと!

ほんで・・・

『幸せ』は・・・成るもんやなくて、感じるもんやで(^^)

 

元気出していこう!

READY! GO!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析