大和魂!

10月9日(日)、講道館で開催される、『第25回 日整全国少年柔道大会』に・・・「小野崎 倭(ヤマト)」(6年)が、北岡道場の代表、宮城県の代表として、副将のポジションに出場する

 

先日・・・その、壮行会?って言うほどのもんやないけど・・・みんなからの気持ちを、ヤマトに伝えた

もちろん・・・ヤマトも、自分自身の意気込みを述べてくれたし・・・・・

いずれにしても、北岡道場の代表として、気持ちで負けへん戦いをしてきてくれることやろう

 

6年生ともなれば、第二次成長期を迎え始める子も、多々いる中・・・50kg足らずのヤマトが、全国の舞台で活躍できるなんてことは、正直困難やと思う

せやけど・・・「その場所」に立つことに、俺は大きな意味があると思うねん

 

宮城県の代表選手が所属してる道場長としては、そういう発言は、非常に語弊があるかも知れへんけど・・・

それでも・・・各道場から出場エントリーされてる、他の4人の選手にしても、「その場所」に立つっていうことに、メチャメチャ大きな意味があると俺は思うんや

 

宮城県内を、勝ち上がることの難しさ

全国から集まってくる、強豪選手を肌で感じること

その場から、逃げ出したいくらいの緊張感、ほんで、恐怖感

せやからこそ・・・

そこから芽生える、ちっちゃな「責任感」

仲間や親、道場の先生、そして、サポートしてくれるスタッフへの「感謝」の気持ち

戦い終わった時の、安堵感・・・きっと、思い通りになってへんやろうから、噛みしめてる「悔しさ」

 

きっと、普段、感じることのできへん「何か」を、感じ取ってくれるはずやと思う

 

正直言うて、子供の頃の「勝敗」なんか・・・実は、ほとんど無意味なことやと思う

そらぁ、全国のトップクラスに君臨する選手たちは、センスも違うし・・・将来有望な子が、存在することは事実やで

せやけど・・・柔道をやってる子、全員が全員、そないなセンスを身にまとってる訳やあれへんし・・・ナンボ、「努力に勝る天才なし」って言うたかって、やっぱり成長過程やからこそ、この時期ならではの限界っちゅうもんもあるやろうしな

せやから・・・臆することなく、守りに入ることなく、全力で戦ってきてほしいなぁって・・・ただただ、そない思ってる

 

 

柴田高校監督の狩野先生(沙季、夏光、滉太を指導してくださってる先生)のお言葉をお借りしたら・・・

「北岡道場の選手は、負けっぷりがいい!!」

(もちろん、誉め言葉としていただいたねんで(^_^;))

 

 

ヤマト!!

しょうもないプライドを守ることなんていらん!

それどころか、今のお前らに、守るもんなんか、何一つない!

明日につながるように、正々堂々と真正面から当たっていったらええねん

なっ!

img_7326

 

元気出していこう!

READY! GO!!

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析