「ある時期」

ちょっと、時間が経ってしもうたけど・・・

6月12日(土)~13日(日)・・・宮城県立武道館に於いて「中総体 仙台市予選」・・・また、七ヶ浜中学校に於いて「中総体 宮城郡予選」が開催された

結果・・・

啓太(66㎏級)・・・準優勝

樹梨っぺ(57㎏級)・・・準優勝

琳ちゃん(48㎏級)・・・優勝

立っちゃん、海伸、YAMATO、逞、一颯、優音は・・・各階級にて、1~2回戦敗退

・・・・・っちゅう結果やった

 

仙台市は・・・12日(土)に、女子の個人戦を終えたみたいやねんけど・・・

試合が終わって・・・夕方、道場の練習に来て、俺に結果を報告してくれた「樹梨っぺ」の目から、涙がこぼれ落ちてた

 

きっと、彼女は・・・

優勝するつもりで・・・この大会に挑んでたことやと思う

いや・・・

優勝するつもりで・・・日々の練習に取り組んでたことやと思う

 

 

樹梨っぺは・・・恭佑(今春、柴田高校を卒業した)の妹

今現在は・・・身長が高くて、スラッとして、モデルみたいな体形をしてる・・・可愛い子

 

ちなみに・・・同じ兄妹でも・・・

樹梨っぺは・・・8頭身

恭佑は・・・3頭身(笑)

 

恭佑が、柔道をしとったことで・・・ちっちゃい時から、試合会場に来たり、道場の行事に参加したり・・・しょっちゅう、俺とも顔を合わせとったけど、道場に入会することはせえへんかった

 

せやけど・・・

小学校4年生の時に・・・篤さん(親父さん)から、お許しが出て・・・道場に入会してくれた

それから・・・早いもんで、樹梨っぺとは、もう5年の付き合いになる

 

 

その樹梨っぺ・・・数か月前から、エンジン全開で、練習に取り組むようになった

前々から、それなりに一生懸命頑張る子やったし・・・手足も長いもんやから、彼女が放つ「内股」には、目を見張るもんがあったねんけど・・・

数か月前くらいからは・・・誰に言われるでもなく(もちろん、俺は柔道のことに関しては、一切言うはずもあれへんし(笑))、他の誰よりも真剣に取り組むようになりよった

 

でも、ウチの連中(今までの卒業生たちも、そうやったけど・・・)・・・

樹梨っぺに限らず・・・「ある時期」を迎えたら、皆、エンジン全開で取り組ようになりよるんよな?

 

その「ある時期」は、人それぞれ違うけど・・・

でも・・・

「ある時期」まで、あんだけ遊び半分でやってた連中たちが・・・いつしか自分自身でスイッチを入れて、全力で取り組み始める姿勢には・・・俺自身、いつも驚かされる

 

 

俺は・・・常々、思ってるねんけど・・・

『自由』っていうことほど・・・

『不自由』なことはない!

・・・・・って

 

なんでか?・・・

それは・・・「自己責任」として、すべてが己自身の身に降りかかってきてしまうからやな?

 

 

せやから、俺は・・・子供たちに言う

 

「「やる」も「やれへん」も・・・お前らの自由や!」って

ただ・・・

「今、この瞬間・・・この与えられた環境の中で・・・最大限の努力をせえへん者に、輝かしい明日(未来)は、絶対に来えへんぞ!」

「今、この与えられた環境の中で、最大限の努力をせえへん者に、夢を語る資格はないぞ!」って

 

 

これは・・・「柔道」でも、「勉強」でも、「サッカー」でも、「野球」でも・・・みな同じやと、俺は思ってる

 

何事に対してでも・・・

「与えられた環境の中で、最大限の努力をする!」

 

簡単そうに思うけど・・・なかなか難しいことやと思う

だって・・・

『自己責任』とか『感謝の念』がなかったら・・・絶対に、できへんことやからな?

 

 

やらされてるから・・・手を抜くんやろうし・・・

嫌々やってるから・・・成果が上がらんのやろうし・・・

 

その環境があるのとか・・・

その場所があるのとか・・・

仲間がおるのとか・・・

親や先生がおるのとか・・・

その場所に行けるのとか・・・

それらを、これっぽっちでも「当たり前」なんて思っとる内は・・・なかなか、できへんことやろうと俺は思う

 

 

せやから・・・

毎回毎回、道場の練習前や練習後の整列の時に・・・

冗談を交えながら話してる、俺の「くだらん談義」を・・・

ちゃんと聞いてるか?・・・聞いてへんか?・・・でも、だいぶ違うはずや

 

誤解を恐れずに記してるけど・・・

これは・・・俺が、「大事なこと」「素晴らしいこと」を言うてるってことではなくて・・・

「親」以外の「第三者」が言うってことに・・・大きな意味があるっていうことやで?

 

 

ほんで・・・ちゃんと聞いてる者たちも・・・

それを、どのように受け止めてるんか?

ほんで、心の中のどこに位置づけてるんか?

 

それは・・・子供たち、皆それぞれなんやろうけど・・・

ちゃんと話を聞いてて・・・それらの「点」と「点」が「線」で結ばれ始めた時にこそ・・・

「ある時期」を迎えるてくれるんかも知れへんな?

 

そう・・・

『自己責任』っちゅうもんと・・・

自分を取り巻く、すべての方達に対しての『感謝の念』っちゅうもんを・・・

しっかりと、背中に背負い込んでくれて・・・

 

 

 

話が脱線してしもうたな(^^;)

 

いずれにしても・・・

樹梨っぺ!

県大会まで・・・あと2週間、追い込める時間がある

 

人に追い込まれるんやなくて・・・

己自身で・・・己自身を・・・どこまで追い込めるんか?

そう・・・

己自身に、ウソをつけへんことが大事なんやぞ!

 

自分自身を、大きな大きな舞台に連れていってやれ!

 

親父は・・・

その姿を見せてもらえることに、「希望」を持っとくよ

 

You Can Do It!

Yey!!

We Can Do It!

Yey!!

 

 

 

 

LINEで送る

新着情報

北岡道場連絡先

983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字昭和北2-15

【連絡先】
022-782-7780
(きたおか接骨院内)

QLOOKアクセス解析